ホーム>オンラインショップ>新着情報>夏山へ行こう ~登山の基本装備とおすすめの山~

夏山へ行こう ~登山の基本装備とおすすめの山~

2018/7/6

シーズン到来! 夏山を楽しむための基本アイテムとイチオシ山域情報をご紹介 

イメージ画像

澄み切った青空、どこまでも続く緑の稜線、可憐に咲く高山植物、そして、眼下に広がる雄大な景色。夏山には誰もが胸躍る魅力がたっぷり詰まっています。いつもは低山ハイキングを楽しんでいる方も、この夏は雲上の別世界を目指してみませんか?
夏山を楽しく安全に歩くための基本装備と、この夏に行きたいおすすめの山をご紹介。モンベルクラブ会員さまなら、お得な特典が受けられるフレンドエリアやフレンドショップ情報も掲載しています。

ウエアの基本はレイヤリング

レイヤリングとは重ね着のこと。服装を3つの層(レイヤー)に分け、それぞれに吸汗、保温、通気、防水、防風、透湿などの役割を持たせてトータルでウエアの性能を発揮させます。気温は標高が100m上がるごとに約0.6℃下がるといわれ、3,000mの稜線では平野部より20℃近く低くなります。こまめな脱ぎ着で体温調節を図り、できるだけ汗でウエアを濡らさないようにすることが肝心です。

イメージ画像

◎アウターレイヤー

いちばん外側に着るジャケット。防水・防風が目的で、風雨から体を守り、気体になった汗を外部に排出します。

◎ミドルレイヤー
空気の層を作り、保温するレイヤー。温度調節に役立ちます。保温性を確保しながらウエア内をドライに保ちます。

◎ベースレイヤー
素早く汗を吸水拡散して、汗冷えを防ぎます。気象条件、発汗量や運動量などに応じて厚さや素材を選択します。

登山の基本装備

登山用具の中でも最も重要とされるのが、レインウエア、バックパック、トレッキングブーツ、そしてベースレイヤーです。安全・快適に楽しむためには、日帰りでも登山用の道具をそろえるのが安心。まずはどんな山行にも使える基本的な装備からそろえ、登山スキルの向上に合わせて、トレッキングブーツやバックパックをアップグレードし、テントや寝袋を追加していきましょう。

アウターレイヤー(レインウエア)

山では天候の急変は当たり前。晴れていてもレインウエアは上下セットで必ず持って行きましょう。肌寒いときにはウインドブレーカーとしても着用できます。防水性はもちろん、ウエア内部の蒸れを放出する透湿性を備えたレインウエアを選びましょう。

ミドルレイヤー(中間着)

気温の高いときは肌離れのよい織物のシャツが快適です。比較的気温の低い高山へ行くときや、ストレッチ性が必要なときはニットシャツがおすすめ。素材の速乾性は必須です。

ベースレイヤー(Tシャツ、アンダーウエア)

登山ではコットン製の下着は不向き。夏でも汗冷えしない素材のものを選びましょう。暑いときには一枚でも着られる速乾性のTシャツが便利です。

パンツ

ショーツからニッカ、フルレングスまで、種類も豊富。登山ではストレッチ性のある素材のものが足上げがしやすく、長時間の歩行に向いています。

防寒着

夏でも山の朝夕は冷え込みます。標高に応じて、最適な保温力をもつウエアを用意しましょう。日帰りであっても、休憩時や不測の事態に備えて用意すべきものです。

バックパック

バックパックは荷物の量で選びます。日帰りは20~25L、山小屋泊には少し余裕のある30~40Lのパックが使いやすくておすすめ。荷物が増えるテント泊登山では、50L以上の容量のバックパックが必要です。雨が降っていなくても、パックカバーは必ず持参しましょう。女性の体格に合わせたモデルもご用意しています。

トレッキングブーツ

荷物がそれほど多くはない日帰り登山には、ある程度足首の自由度のあるミドルカットの靴が適しています。北アルプス縦走のように標高が高く、荷物も重い場合は、ハイカットのトレッキングブーツが安心。ソックスはクッション性に優れたトレッキングソックスを選びましょう。

日焼け対策

平地と比べて紫外線が強い山。アームカバーやサングラスで露出を防ぎ、強い日射しから肌や目を守りましょう。

その他の必須装備

運動量や季節によって発汗量は変わります。給水ポイントがない場合は、水筒も容量の大きいものを選びましょう。また、万が一山中で日が暮れてしまった場合に備え、日帰りでもヘッドランプは必携です。少しでも荷物をコンパクトにしたい登山には、小さめの財布が最適。

疲労を軽減するお役立ちアイテム

トレッキングポールやサポートタイツは脚の筋肉のサポートに役立ちます。ハイドレーションは、バックパックを背負ったままこまめな水分補給を可能に。パフォーマンスの向上や疲労回復に効果的なサプリメントも上手に取り入れましょう。

ステップアップ! テント泊に必要な装備

登山装備のチェックリスト

イメージ画像

無雪期登山を想定した装備リストです。対象とする山域、時期、天候により、適した装備が異なる場合があります。現地に問い合わせるなど、入山前の下調べをおすすめします。
登山装備チェックリスト(PDF)

この夏行きたい、おすすめの山

イメージ画像

夏におすすめの山を、登山スタイル別にご紹介! モンベルクラブ会員さまなら、お得な特典が受けられるフレンドエリアやフレンドショップ情報も掲載しています。お出かけの際は、メンバーズカードをお忘れなく!
全国のフレンドエリア&ショップについて
うれしい&おトクがいっぱい! モンベルクラブ

日帰りで行く夏山

「山登りに慣れていない」、「泊まりで行くような時間がとれない」、そんな方でも気軽に楽しめる日帰り登山。山域は限られますが、ロープウエーを使えば2,000m級の山歩きも可能。早朝から行動すれば一日たっぷり自然を感じ、リフレッシュすることができます。

イメージ画像

旭岳 2,291m (北海道)


北海道の最高峰・旭岳。日本最大級のチングルマのお花畑や、山復にある中岳温泉など、変化に富んだコースが楽しめます。“神々の遊ぶ庭”とも称される大雪山連峰の神秘的な景色が堪能できます。
「フレンドエリア 大雪山ひがしかわ」の優待施設はこちら

イメージ画像

鳥海山 2,236m (秋田県・山形県)


秋田県と山形県にまたがる活火山。日本海に面し、海抜0m~山頂2,236mまで多様な自然が楽しめます。「花の百名山」にも選ばれている鳥海山は、高山植物の宝庫。花畑を巡るのはもちろん、夏でも残る大雪渓や高層湿原が楽めるなど、多彩なコースも魅力です。
「フレンドマウンテン 鳥海山」の優待施設はこちら

イメージ画像

谷川岳 1,977m (群馬県・新潟県)


谷川岳は「トマの耳」「オキの耳」と呼ばれる2つの山頂をもつ双耳峰の山。峻険な岩壁で知られますが、ロープウエーを利用すれば約2時間30分で登頂できるなど、初級者から上級者まで楽しめる豊富なコースが魅力です。
「フレンドタウン みなかみ」の優待施設はこちら

イメージ画像

大山(だいせん) 1,729m (鳥取県)


西日本最大のブナの原生林と、ダイセンキャラボク群落を抱く斜面をたどって頂上を目指します。山頂からは、条件がよければ、北は隠岐の島、南は四国の剣山、石鎚山といった絶景を見ることができます。
「フレンドエリア 大山・皆生」の優待施設はこちら

山小屋泊で行く夏山

山登りが楽しくなると、山で一夜を明かしてみたくなります。そんな方にまずおすすめなのが、山小屋泊。日帰りと比べて極端に荷物が増えることもなく、夕日や朝日、小屋でのあたたかい食事を楽しむことができます。

イメージ画像

北岳 3,193m (山梨県)


富士山に次ぐ日本第二の高峰・北岳。雄大な三角錐の山容で、山頂の東側は北岳バットレスと呼ばれる大岩壁が広がっています。北岳登山の宿泊に便利なのが、山頂まで50分の場所にある北岳肩ノ小屋。標高3,000mに位置する小屋からは、富士山をはじめ、北アルプスや中央アルプスなど360度の大パノラマを望むことができます。
「北岳肩ノ小屋」はモンベルのフレンドショップ。会員特典はこちら

イメージ画像

赤岳 2,899m (山梨県・長野県)


南北30kmにわたり、山々が連なる八ヶ岳連峰。赤岳は八ヶ岳連峰の最高峰で、堂々とした姿を誇っています。赤岳天望荘は、赤岳主稜線上に位置しており眺めが素晴らしいのはもちろん、ごえもん風呂やバイキング形式の食事、コーヒー無料など、宿泊者にとってうれしいサービスがいっぱい。
「赤岳天望荘」はモンベルのフレンドショップ。会員特典はこちら

イメージ画像

南岳 3,033m (長野県・岐阜県)


南岳は、槍ヶ岳と奥穂高岳のほぼ中間に位置する標高3,033mの山。南岳の直下に建つ南岳小屋は、登山者憧れの大キレットを真近に見渡す絶好のロケーションにあります。大キレット前後の休憩地としてはもちろん、大キレット越えは難しい方でも、槍・穂高の素晴らしい展望を存分に味わうことができます。
「南岳小屋」はモンベルのフレンドショップ。会員特典はこちら

イメージ画像

石鎚山(いしづちさん) 1,982m (愛媛県)


西日本最高峰の石鎚山。山岳信仰の山として知られ、日本七霊山のひとつとされています。古くから修行の場として訪れる人が多く、登山道には鎖場もあり、変化に富んだ山歩きが楽しめます。石鎚山は日帰りできる山ですが、1泊して修験文化や手つかずの自然をゆっくり楽しむのもおすすめです。
「石鎚神社 頂上山荘」はモンベルのフレンドショップ。会員特典はこちら

テント泊で行く夏山

絶景を眼の前に、自分だけのプライベート空間を持てるのがテント泊で行く登山。自然との一体感をより感じることができる山の醍醐味が詰まったプランです。衣食住すべてを背負うことになり、荷物の重量は一気に増えるので、しっかりと体力をつけて臨みましょう。

イメージ画像

飯豊山(いいでさん) 2,105m (山形県・新潟県・福島県)


飯豊山を主峰とする飯豊連峰は、山形・新潟・福島の三県をまたぎ、主稜線は30kmにもおよぶ雄大な連峰です。山容は峻険で大きく万年雪も残り、東北アルプスの名にふさわしい景観を作っています。
下山後は「フレンドエリア 月山・朝日・飯豊・蔵王」でお楽しみください。

イメージ画像

仙丈ヶ岳 3,033m (山梨県・長野県)


3つのカールを抱えた穏やかな山容が特徴で、「南アルプスの女王」とも呼ばれる仙丈ケ岳。高山植物が豊富な山として知られ、夏季には色とりどりのお花畑が現れます。長衛小屋のテント場は、北沢峠のバス停から徒歩10分。重い荷物はテントにデポし、身軽に登山を楽しむことができます。ここを拠点に、甲斐駒ケ岳に登るのもおすすめです。
下山後は「フレンドタウン 伊那市」でお楽しみください。

イメージ画像

木曽駒ヶ岳 2,956m (長野県)


木曽駒ヶ岳は中央アルプスの最高峰で、なだらかな山容が特徴です。有名な千畳敷カールまではロープウエーで行くことができ、登山客はもちろん、多くの観光客でにぎわいます。日帰りでも登ることができますが、カールのお花畑を周遊したり、宝剣岳を眺めたり、のんびり歩くのもおすすめ。駒ヶ岳頂上山荘のテント場は、駒ヶ岳の直下。夕日も朝日も山頂で拝むことができます。
下山後は「フレンドタウン 駒ヶ根」でお楽しみください。

イメージ画像

立山 3,015m (富山県)


北アルプス北部に広がる立山連峰の主峰・立山。雄大なパノラマを眺めながらの稜線歩きが人気です。ベースとなる雷鳥沢キャンプ場のそばには日帰り入浴ができる天然温泉があり、快適な山旅を過ごせます。
下山後は「フレンドタウン 立山町」でお楽しみください。

安全に夏山を楽しむために

夏山のリスクを知る

イメージ画像

落雷の危険…夏の風物詩・入道雲は雷発生の合図。夏山では午後になると雷雨が起こりやすくなります。雷が発生する前に危険個所は通過できるよう、早出早着を厳守しましょう。
強い日差しによる熱中症…高山での強い日差しはもちろん、蒸し暑い樹林帯にも注意が必要。歩き方が不安定になり、頭痛や吐き気、発汗後の脱力などが見られたら、木の下などの日陰で休みましょう。熱中症や高山病の対策にはこまめな水分補給が重要。汗と共に失われた塩分の補給も忘れずに。

夏でも起こる低体温症…雨や発汗など身体が濡れている状態で強い風にさらされることにより、夏でも低体温症になる可能性はあります。森林限界より上の稜線で悪天時の無理な行動は避けること、休憩時には防寒着やツェルトを使用するなど、体温保持を心がけましょう。
岩場では落石に気をつけよう…落石は季節を問わず、山のリスクのひとつです。岩稜帯や雪渓を歩く際は前方に気を配ること、落石を起こさないよう注意して歩くことが大切。山域によってはヘルメットの着用が一般化しています。
安全登山の基本 - 遭難しないためにできること -

山の天気をつかむ

イメージ画像

ふもとは晴れていても山頂は雨ということもしばしばあります。一般的な天気予報だけでなく、山の天気が分かる気象情報も確認し、ゆとりある計画を立てましょう。

yamaten 山の天気予報
全国18山域59山の山頂天気予報を毎日配信している山岳気象専門サイト。月額300円(税抜)でご利用いただけます。
モンベルクラブ会員さまには、課金登録の初回に150ポイントをプレゼント!

安全登山のハウツーを学ぶ

イメージ画像

初心者歓迎! モンベルのおすすめイベント


全国のモンベルスタッフや、現地に精通したガイドがえりすぐりのフィールドをご案内するトレッキングツアー、フィールドを歩きながら登山に必要な知識や技術が学べる山歩き講習会など、さまざまなイベントを開催しています。
M.O.C. イベント・ツアーについて

イメージ画像

モンベルストアで開催中、参加無料の店内セミナー


山選びのポイントや地図の読み方など、ためになる企画がいっぱい! モンベルスタッフが自らの経験から得たノウハウとともに、おすすめのフィールドもご紹介します。登山を始めるにあたってのさまざまな疑問や不安にもお応えします。
店内セミナーについて

保険も“登山装備”のひとつ

イメージ画像

ケガや遭難、物損害から賠償責任まで、アウトドアライフのさまざまなリスクに備える傷害保険。モンベルでは、選べる2タイプ・4種のアウトドア保険をご用意しています。ご自身のライフスタイルに合ったプランを選び、安心と一緒に出かけましょう。
保険について

夏山登山ガイドの決定版・岳人別冊『夏山2018』、好評販売中

イメージ画像

日本アルプスの人気ルートから全国の名山まで、夏に登りたいルートがたっぷり詰まったガイドムック・岳人別冊『夏山2018』。アルプスデビューのためのハウツー、アクセス、山小屋情報、山麓の立ち寄りスポットなど、プランニングに役立つ情報も満載です。
岳人別冊『夏山2018』のご購入はこちら

登山装備の基本ガイド
山岳雑誌『岳人』監修。安全・快適に登山を楽しむための基本的な夏山装備をご紹介。
パンフレット(PDF)はこちら

一覧へ