ホーム>オンラインショップ>新着情報>雨の日も快適に【レインウエアの選び方】

雨の日も快適に【レインウエアの選び方】

2018/4/18

各モデルの素材や機能を知り、フィールドやアクティビティに応じて最適な1着を選びましょう。

イメージ画像

雨の多い日本の気候にあわせて進化を遂げてきたモンベルのレインウエア。さまざまなフィールドやアクティビティに対応できる、豊富なラインアップをご紹介します。各モデルの特長を把握し、最適なアイテムを選びましょう。

レインウエアを知る

イメージ画像

レインウエアの素材は雨からの濡れを防ぐ「防水性」と、ウエア内部をドライに保つ「透湿性」をもったメンブレン(膜)に、表地や裏地を貼り合わせて作られています。これらの生地を用途に応じてバランスよく組み合わせることにより、強度や快適性・機能性などを生み出しています。

レインウエアを選ぶ上で、まずは素材がもつ防水性・透湿性のしくみを知っておきましょう。

レインウエアに使われる防水透湿性素材について

防水透湿性素材とは雨などによる濡れを防ぐ「防水性」を備えつつも、ウエア内部の蒸れを放出する「透湿性」を備えた素材です。

モンベルのレインウエアにはゴアテックス®ファブリクスやモンベル独自の素材であるドライテック®などの防水透湿性素材が採用されています。これらの素材には無数の孔があいており、この孔のサイズは雨粒や濃霧よりも小さく、汗などの水蒸気粒子よりも大きいため、雨をシャットダウンし、蒸れを放出する特性を持っています。

イメージ画像
透湿性の重要性

蒸れを放出する透湿性が低いと、かいた汗の水蒸気が結露してしまい、ウエアの内側に水滴が発生します。レインウエアを着ているのに体が濡れてしまうというような状態はこのような場合がほとんどです。 この状態はベッタリとして不快なだけでなく体温低下を招くため、体を温めようとエネルギーを消費し、普段よりも体力の消耗が激しくなるだけでなく低体温症を招く恐れがあります。

そのためレインウエアでは防水性だけでなく、十分な透湿性を発揮できるかどうかも非常に重要です。

イメージ画像

撥水(はっすい)性について


防水性と透湿性に加え、もうひとつ重要な要素が撥水性です。撥水性とは生地の裏に水を通さない防水性とは異なり、生地の表面で水をはじく性質です。使用とともに撥水性が失われると防水透湿素材の孔を水がふさいでしまい、透湿性が失われてしまいます。撥水性は元の素材が持つ効果はもちろんですが、日々のお手入れで回復させることが重要です。
お手入れ情報はこちら

防水透湿性素材の機能を生かす技術

イメージ画像

細部にまでこだわった防水・撥水性の追求


縫い糸の一本一本にまで撥水加工を施すなど、細部に至るまで徹底的に防水・撥水機能を追求しています。雨の多い日本で生まれたモンベルならではのこだわりです。

イメージ画像

軽量化を実現する独自の技術


一般的なシームテープに比べてたいへん薄く、軽量な13㎜幅のシームテープを高度な技術で貼り合わせています。防水性を確保しながらも軽量化に貢献しています。
一部使用していないモデルもあります。

レインウエアを選ぶポイント

レインウエアを選ぶ上で基準となるのは、素材の特性や強度、機能性などの要素です。
これらと使用するシーンを照らし合わせ、重視したい特性を持ったウエアを選ぶことで、雨天時でも安全で快適に行動することができます。また異なる性能のウエアを組み合わせたり、体にベストフィットするサイズを選ぶことで快適性を高めることも重要です。

イメージ画像

ジャケットとパンツを自由に組み合わせできる「上下別売」


例えば上下でサイズの違う組み合わせや、上着は軽量性、下は耐久性を重視した組み合わせ、上は視認性の高い色、下は汚れの目立たない色など、用途に応じて自由に組み合わせができます。

イメージ画像

豊富なパンツサイズをラインアップ


ウエストのサイズはそのままに、パンツの股下をレギュラーモデルより6㎝短くしたショートモデルと、6㎝長くしたロングモデルを展開しています。ご自身の体型に合わせてお選びいただけます。
一部採用していないモデルもあります。

ウエアの素材で選ぶ

雨天時の快適な行動を支える素材

モンベルでは使用用途や軽量性、コストパフォーマンスなどにあわせ、防水透湿性素材を使い分けています。

イメージ画像

あらゆる環境において高いパフォーマンスを発揮する、世界最高レベルの防水透湿性素材です。

イメージ画像

卓越した透湿性に加え、シームテープ処理を施すことで優れた防水性を実現しています。

イメージ画像

防水性と透湿性を高い次元で両立した、モンベル独自の防水透湿性素材です。

イメージ画像

同じ防水素材でも、表地と裏地の構成で耐水圧・透湿性の性能が異なります。

防水性と透湿性の数値

「防水性」は耐水圧(mm)で表されます。一般的に小雨から豪雨時にかかる水圧は500~1,500mm程度といわれ、強い圧力がかかった場合だと、座った時は2,000mm程度、ひざをついて立った場合11,000mm程度の水圧がかかるといわれています。

「透湿性」は1㎡の生地が24時間でどれだけの量の水分(g)を放出できるか(g/㎡・24hrs)で表されます。一般的な発汗量は安静にしている状態で1時間あたり50g程度、激しい運動時で1,000g程度といわれています。

モンベルのレインウエアに使用されている防水透湿性素材は耐水圧20,000~50,000mm以上(参考値)の防水性を備えています。これは登山における一般的な使用状況において、必要かつ十分な性能を有しています。

ラインアップ

レインウエアシリーズの特徴を相対値(星の数)と平均重量、収納サイズで比較しています。

ゴアテックス®ファブリクス採用モデル

イメージ画像

トレントフライヤー
世界最高水準の防水透湿性と軽量コンパクト性を両立

イメージ画像

ストームクルーザー
しなやかな着心地で機能性と軽量性を高いレベルで実現

イメージ画像

レインダンサー
ベーシックなデザインに充実の機能を搭載

ゴア®ウインドストッパー®プロダクト ウィズウォーターレジスタンス採用モデル

バーサライト
Light & Fastを追求した究極の軽量コンパクトモデル

ドライテック®採用モデル

イメージ画像

レイントレッカー
ベーシックなデザインで驚きの通気性を実現

イメージ画像

コンバーチブルレイン
袖とひざ下がジッパーで分離でき、一年を通じて活躍

イメージ画像

サンダーパス
エントリーからハードユースまで幅広く対応

レインハイカー
リーズナブルな入門モデル

ウエアのさまざまな機能で選ぶ

レインウエアには雨天時の快適な行動を支えるさまざまな機能があります。
軽量化に特化したモデルや、使いやすいポケットを備えたモデルなど、重視したい機能を備えたモデルを探しましょう。

機能美を追求した、独自のカットパターン「K-Mono カット™」

イメージ画像

ジャケットの縫製箇所を極限まで減らしたモンベル独自のパターン。縫製箇所を減らすことで、高次元の防水性・軽量性・耐久性を実現しました。モンベルのコンセプト「機能美(Function is beauty®)」を体現したテクノロジーです。

独自の縫製技術「スマートソーイング™」

イメージ画像

生地の縫い合わせの余分な部分を取り除くことで軽量化し、シームテープ処理を施して防水性を確保。また、表に縫い糸が露出しないため強度にも優れ、非常にしなやかな着心地です。

干渉しにくい位置にポケットを配置

イメージ画像

ポケットを備えたモデルはバックパックのショルダーハーネスやテープが干渉しにくい位置に配置しています。

ポケットの防水性について

ポケットは目止め加工(シームテープ処理)がされていないため、完全防水ではありません。貴重品等は防水ケースに入れるなどして、防水対策をしましょう。

※ストームクルーザージャケットはポケット部分にもシームテープ処理を施し、防水性を高めたポケットを配置しています。

ジッパー付ポケット2個

ジッパー付ポケット1個

ポケット付きパンツ(ジッパー付ポケット2個)

袖と膝が分離でき、さまざまな場面に対応するコンバーチブルモデル

コンバーチブルレインは袖とひざ下を取り外すことが可能。運動量や寒暖差が激しい場面で活躍します。

サイドを全開にすることができるフルジップパンツ

イメージ画像

フルジップパンツは登山靴をはいたままでも着脱が容易で、急な雨でもすばやく履くことができます。

アクティビティに特化したモデルで選ぶ

サイクリングやトラベル、フィッシングなど、アクティビティ向けに作られたモデルであれば、さらに快適に使用することができます。

ライディングに特化した自転車専用モデル

自転車用に専用設計されたモデルなら雨の日でもより安全・快適な走行を可能にします。
自転車に乗った前傾姿勢でも、腰が出ないロングテールデザイン。袖や膝部などは乗車時の姿勢に合わせてデザインされているほか、視認性を高める反射テープやロゴを使用。携行性やストレッチ製に優れたモデルもラインアップ!

ポイント

雨の日のサイクリングは防水グローブ、防水シューズカバーなどを併用することでより快適になります。

軽量コンパクトで、旅行や普段使いに大活躍

たとえ旅先で雨に降られても、着心地の良いレインウエアがあれば、アクティブに行動できます。通勤・通学でも活躍します。

走行時のばたつきを抑えた、モーターサイクル専用モデル

ライディングポジションに合わせた立体裁断により、すそのずり上がりやつっぱり感を解消したモーターサイクル用レインスーツです。夜間の視認性をを高める反射テープ付き。

フィッシングシーンを快適にするモデル

フィッシングベストの上から着用でき、内側のウエアのポケットにアクセスできるスルーポケットなど豊富な機能を備えたレインウエアです。

フィット感に優れた全天候型キャップ&グローブ

防水透湿性素材を使用した全天候型のキャップとハットです。降雨時にはキャップとレインウエアのフードを併用することで、快適な視界を確保することができます。

車イス専用モデル

車イスで必要とされる機能と利便性を追求した専用モデルです。

快適に長く使い続けるには

機能性に優れたレインウエアを選ぶのはもちろんですが、長く使い続けるためには日ごろのメンテナンスが重要です。
「レインウエアは家庭で洗濯してはいけない」と思われているかもしれませんが、レインウエアはメンテナンスしないと本来の性能を発揮できません。ご家庭での洗濯はもちろんのこと、ブッシュや岩角にひっかけて破れた場合も、よほど大きなキズでない限り、リペア用品で修理が可能です。

洗濯で汚れをしっかり落とす

汗や皮脂、泥や汚れは防水透湿性素材の性能を低下させます。アウトドアウエア用の専用洗剤を使えば、ギア本来の性能を損なうことなく、しっかりと汚れを落とせます。

ポイント

あらかじめ撥水加工がされているウエアは、洗濯で汚れを落とすことで撥水性能が回復します。

撥水加工で水をはじき、汚れを付着しにくくする

撥水性はウエアの透湿性を持続させるだけでなく、汚れの付着を防ぐ役割も果たします。撥水加工剤を使用することで、水だけでなく油も弾くため、防汚性も回復させることができます。

山行当日にも使える手軽なエアゾールスプレータイプ

部分的に撥水処理が可能なリキッドスプレータイプ

全体にムラなく撥水加工が可能なつけ込みタイプ

応急処置から本格的な補修まで行えるリペア用品

レインウエアの穴あき修理に使える補修用シートやジッパーの動きを滑らかにする潤滑剤などを使えばさらに長くウエアを使用できます。

レインウエアのお手入れ方法について

レインウエアを適切に洗濯することで、撥水性能が回復し、高い防水透湿性能を持続させることができます。自宅でできる洗濯・撥水処理のリペアについてご案内します。

一覧へ