グラスイン アルパインゴーグル BC

イメージ画像

拡大

チェックした商品を比較

価格¥15,000 +税

品番#1109209ブランドモンベル

サイズ表

カラー

在庫状況

注文数

RD

RD

入荷待ち(受付可)

在庫ありのものでも、商品が確保できない場合があります。

カラーチップおよび写真は実際の色と多少異なることがあります。

買い物カゴに入れる

商品情報

進化したアンチフォグシステムを搭載し、あらゆる状況下でクリアな視界を実現したゴーグルです。ベンチレーションを装備し、眼鏡をかけたままでも装着可能です。フィールド状況の変化に応じてレンズの色濃度が変化する調光レンズを搭載しています。

仕様

【重量】150g
【カラー】レッド(RD)(レンズカラー:ライトピンク×レッドミラー)
【可視光線透過率】20%~70%
【ストラップ幅】40mm
【機能】紫外線量によってレンズの色の濃度が変化するレンズです。紫外線量が多い晴れた日中では、レンズの色が濃くなり、紫外線量が少ない荒れた天候などではレンズ色が薄くなります。行動時間が長い登山などに最適です。また、ダブルレンズの内側に調光レンズを配置することで、冷気などの影響を受けにくく、スムーズな濃度変化を実現しています。

詳細情報

アンチフォグシステムを搭載し、多様な状況下でクリアな視界を実現

イメージ画像

画像をクリックすると拡大します。

アジアンフィット

イメージ画像

多数の日本人の頭部形状データを基に設計されたフレーム構造です。欧米人向けに設計されたゴーグルに比べ、顔との間にすき間ができにくく、呼気や冷気の侵入によるレンズの曇りを低減します。

広い視野を実現したフレーム構造

イメージ画像

上部が広いフレーム形状です。登山中に重要な上方の視野が、一般的なゴーグルに比べて広くなっています。

ゴーグルのレンズ種類<調光レンズ>

イメージ画像

紫外線量によってレンズの色の濃度が変化するレンズです。紫外線量が多い晴れた日中では、レンズの色が濃くなり、紫外線量が少ない荒れた天候などではレンズ色が薄くなります。行動時間が長い登山などに最適です。また、ダブルレンズの内側に調光レンズを配置することで、冷気などの影響を受けにくく、スムーズな濃度変化を実現しています。

ヘルメット対応

イメージ画像

ベルト裏には滑り止め加工を施しており、ヘルメットの上からでも装着が容易です。ベルトはバックル使用です。
ヘルメットの形状によっては合わない場合があります。

バックル仕様のベルト

イメージ画像

【ストラップ幅】40mm

レンズクリーナー

イメージ画像

ケースにもなるレンズクリーナーが付属します。

紫外線や吹雪から目を守る、アルパインゴーグル・シリーズ

イメージ画像

曇りにくくクリアな視界を確保する高性能レンズを搭載し、さらなる進化を遂げたモンベルのゴーグル。その最新の機能と開発のエピソードをご紹介します。

詳細はこちら

製品レビュー「アルパインゴーグル・シリーズ」(山岳ガイド:青木倫子)

イメージ画像

巡る季節の中、待っていました。昨冬から話に聞いていた、新しく開発されたゴーグル達。革新的なモノが創られました。今冬、私がバックカントリースキーでメインに使う「アルパインゴーグル HD」とバックアップ用に「L.W.アルパインゴーグル PL」。世界トップレベルの雪質を誇る旭岳の厳冬期は、山の姿は雲に隠れ、視界の悪い日がほとんど。「アルパインゴーグル HD」は、曇天時でも、雪面のコントラストを明確にし、地形や雪質の変化の判断を可能にしてくれます。そして、何よりの特徴が、クリアなレンズ。ある吹雪の日のバックカントリーでは、ゴーグル装着時に雪が入り込むのを防げなく、レンズが曇り凍ることを懸念しましたが、滑る時にはクリアな状態に。滑りを終え、ゴーグルを着けたままハイクをしても、レンズはクリアな状態を保っていました。そして、「L.W.アルパインゴーグル PL」は、軽量性に優れ、バックカントリースキーでは必須のバックアップ用のゴーグルに相応しいです。レンズが、「アルパインゴーグル HD」よりもスリムに見えますが、視界も十分広く、また、晴天下だけではなく、曇天時での使用においても、雪面の凹凸が見やすいです。アルパインゴーグルシリーズは、滑り止め加工をされているバンドによりヘルメットとの相性もよく、フルレンズですが、顔とのフィット感もしっかりで、パウダーが入り込む隙もありません。スタイリッシュに生まれ変わり、ハイクオリティーながらリーズナブルな価格もまたうれしいですね。

青木 倫子(あおき みちこ)
1977年生まれ。カナダ・カルガリー大学在学中に、登山やクライミングを始める。帰国後、大雪山連峰・旭岳の麓にある東川町に移住。旭岳パークレンジャーの仕事を経て、2008-10年、青年海外協力隊としてケニア・アバデア国立公園にて環境教育隊員として活動。帰国後、ガイドを目指し、北海道バックカントリーガイズのガイドアシスタントを経て、2014年大雪山登山ガイドオフィス「Mountain Flow」立上げ。2018年に生まれ育った札幌(手稲)に拠点を移す。ガイドとして、人と自然と関わることをライフワークとする。
オフィシャルサイト:http://mountain-flow.com

この商品が属するカテゴリ

関連商品

一覧へ