商品検索

スノーシュー/エアボードOutlet

カテゴリ一覧

山岳モデル(バックカントリーでの登坂に最適)

山岳モデル(バックカントリーでの登坂に最適)

最も登坂能力に優れ、コンパクトに収納可能なモデル

一覧へ

トレールウォーキング

トレールウォーキング

雪原での散策やアニマルトラッキングなどに

一覧へ

スノーポン

スノーポン

スノーシューとクランポンとの使い分けができる分離式のスノーシュー

一覧へ

女性モデル

女性モデル

女性用に設計されたエレクトラ・シリーズ、小柄な男性にも

一覧へ

子ども用

子ども用

子ども専用にデザインされたトレイルウォーキングスノーシュー

一覧へ

スノーシューストック

スノーシューストック

雪上を歩く際にバランスを取ったり、歩行補助に役立ちます

一覧へ

スターターキット

スターターキット

スノーシューをはじめたい方に最適なスノーシューとポールのキット

一覧へ

関連情報

スノーシュー ポイントバック キャンペーン!

イメージ画像

モンベル・アウトドア・チャレンジ(M.O.C.)主催のスノーシュー・イベントで有料のスノーシューレンタルをご利用いただいたモンベルクラブ会員さまに、対象のスノーシューご購入後に利用できるポイントバッククーポンをもれなくプレゼント!

スノーシューレンタル

イメージ画像

モンベルストアで、スノーシューのレンタルを行っています。「購入の前に試してみたい」「まずは体験してみたい」という方にぴったりです!

【イベント一覧】スノーシュー / エアボード

イメージ画像

全国のモンベルスタッフや、現地に精通したモンベルフレンドエリアのガイドがよりすぐりのスノーシューフィールドをご案内。スノーシューが初めての方でも気軽に楽しめるコースや、親子で楽しめるコースなど、モンベルスタッフのおすすめのフィールドをご案内します。イベント一覧はこちら>>>

はじめてのスノーハイキング

イメージ画像

魅力いっぱいの雪のフィールド。適切な装備を揃え、この時期だけの景色をもとめて歩いていこう!

凍結した路面で優れたグリップ力を発揮するアウトソール「アイスグリッパー」

イメージ画像

雪が降り積もった道路や階段が滑りやすく、歩くことにいつも以上に神経を使います。凍った路面で滑らないためにはどうすればいいか? 登山であればアイゼン(金属の爪)が有効的ですが、街中でアイゼンを使用するわけにもいきません。

“日常も使いやすいゴム底で、雪の上でも滑らない靴が欲しい”-
そんな想いからモンベルの新しいアウトソール「アイスグリッパー」が生まれました。詳細情報はこちら>>>

ATLAS(アトラス)公式ブランドサイト

イメージ画像

創業者のPerry Klebahnがスタンフォード大学工学科の学生時代、古来から伝わる生活道具としてのスノーシューをもとに、まったく斬新なアイデアを取り入れて一台のスノーシューを作ったのがATLAS(アトラス)スノーシューの始まりです。

スノーシュー・スノーポンのラインアップ

イメージ画像

画像をクリックすると拡大します。

「life with Atlas snowshoe 〜 アトラススノーシューのある生活 〜」

アトラス・スノーシューの紹介

アメリカを代表するアウトドア雑誌「Outside」が選ぶ「最高のギア」

イメージ画像

アトラス スノーシュー「アスペクト」が、アメリカを代表するアウトドア専門誌「Outside」が選ぶ「2012 ギア・オブ・ザ・イヤー」を受賞! 
同賞は、アウタークロージング、スキー、スノーボード、スノーシューなどを独自にテストし、この冬の最も優れたアドベンチャーギア8商品を選ぶものです。
これまでも「12シリーズ」が「2008 ギア・オブ・ザ・イヤー」を受賞。その高い機能性が評価されています。

スノーシュー選びのポイント

イメージ画像

★傾斜地用と平坦地用
スノーシューは、傾斜地用(登山用)と平坦地用の2種類に大きく分類されます。傾斜地用は雪面への食い込みが効くようにクランポン(金属製のツメ)が長く、トラバース(斜面を横切ること)の際にも横滑りしにくいように専用のツメを装備しています。登高時にふくらはぎへの負担を軽くするヒールリフトバーも特徴のひとつです。山登りから平地の歩行まで、オールラウンドに使えますが、機能が豊富なだけに重量は少し重くなる傾向があります。
傾斜地用スノーシューの商品一覧はこちら>>

一方、平坦地用は足さばきを重視した軽量な造りになっており、なかにはチタンフレームを用いたレース専用モデルもあります。
平坦地用スノーシューの商品一覧はこちら>>

★最適な浮力を得るための適合荷重
次に大事なのは、デッキのサイズ(表面積)にかかわる「適合荷重」です。スノーシューを履く人の体重にウエアやブーツを含むすべての装備の重量を加算したものが「適合荷重」の範囲内であれば、雪上で最適な浮力を得ることができます。
基本的にはデッキが大きいほど浮力が増すので深雪でも沈みにくくなりますが、反面、足さばきが困難になることを考慮する必要があります。
そのほか、アトラス・スノーシューでは、女性の骨盤の構造や歩幅に着目して設計した女性向けモデル「エレクトラ」もご用意しています。女性だけでなく、小柄な男性やジュニアモデルから大人モデルへの移行期にあるお子さまにもおすすめです。
女性向けスノーシューの商品一覧はこちら>>

全国のスノーシューが楽しめるエリアガイド

イメージ画像

全国のスノーシューが楽しめるエリアをご紹介します。

画像をクリックすると拡大します。

全国エアボード滑走可能エリアガイド

イメージ画像

全国のエアボード滑走可能エリアをご紹介します。

画像をクリックすると拡大します。

エアボード滑走シーン

防水グローブのラインアップ

イメージ画像

画像をクリックすると拡大します。

防滴グローブのラインアップ

イメージ画像

画像をクリックすると拡大します。