ホーム>オンラインショップ>インフォメーション>自転車をもっと楽しもう! ~サイクリングガイド~

自転車をもっと楽しもう! ~サイクリングガイド~

2017/6/9

ツーリングやヒルクライム、里山ライドなど楽しみ方いろいろ! スポーツサイクルの魅力をご紹介

穏やかな陽気の中、体を動かす気持ちよさは、解放感に満ちた格別なものです。なかでも自転車によるアクティビティは、フィットネスだけではなく観光や冒険要素・交通手段としても活用できるなど、一般的なスポーツとは一味違った魅力がたくさんあります。

スポーツサイクルは、車種によって楽しみ方もいろいろ


舗装路を颯爽と駆け抜けるロードバイク、山道を走りこなすマウンテンバイク、キャンプ道具を積み込んで旅をするツーリングバイク、街乗りから散策までフィットネスに適したクロスバイクなど車種によって自転車の楽しみ方はさまざま。

「どんな自転車アクティビティで何が楽しめるのか?」そんな疑問にお答えします!

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

スピードと爽快感が魅力


タイヤが細く、舗装路でスピード効率の良い走行ができるロードバイク。ドロップハンドルは乗車中の姿勢を変えやすく、疲労を抑制できるため長距離を快適に走ることができます。他のタイプに比べて車体が軽く、輪行(※)にも便利。
(※)輪行とは、公共交通機関(鉄道・船・飛行機など)を利用して自転車を運ぶことをいいます。


ツーリングからレースイベントまで、遊びの幅が広がる


道さえあれば、どこでも楽しめるロードバイク。ツーリングはもちろん、峠を目指すヒルクライムや耐久レースなど各種イベントに参加できるのも魅力の一つです。仲間とチームを組んで出場したり、イベントでバイク仲間ができたりと、人とのつながりも広がります。

レースシーンにおすすめなアクティブウェア・ギア

ロードバイクツーリングにおすすめなウェア&ギア

イメージ画像

イメージ画像

マウンテンバイク(MTB)とは


道を選ばずに走れ、悪路も楽しめる高い走破性が魅力。河川敷などの砂利道はもちろん、自然の中に分け入ればそこはもうマウンテンバイクフィールドが広がっています。木々を縫うように駆け抜け、大地の起伏を感じながら、自然と一体となって走る達成感はひとしおです。

初めての方はMTB専用ゲレンデやガイドツアーがおすすめ!


マウンテンバイクに適したフィールド探しやライディングに必要なテクニックなど、1人では始めにくいものです。マウンテンバイク専用の常設コースがあるゲレンデ施設や、モンベル・アウトドア・チャレンジ(M.O.C)のイベントや講習会、モンベルのフレンドショップが主催するツアーに参加してみてはいかがでしょう。きっとさらに世界が広がります。

M.O.C.マウンテンバイクツアー


マウンテンバイクフィールドやツアーを開催しているフレンドショップ

激しいライディングに対応する高機能ウェア&ギア

イメージ画像

イメージ画像

ツーリングバイクとは


泊りがけのツーリングはもちろん、世界を旅する冒険まで、さまざまな自転車旅を快適に楽しむために作られた自転車がツーリングバイクです。
長時間の乗りやすさに加えて強度に優れ、キャリアにサイドバッグを装着しテントや寝袋、調理器具などキャンプ道具を積み込めば、世界中どこまでも旅のフィールドになります。

こんな楽しみ方も


テントを積んでキャンプツーリングというのもあれば、宿を使ってお泊りツーリングなど、多様な旅のスタイルにあわせて自転車をカスタマイズできるのもツーリングバイクの魅力の一つです。
キャリアを外して軽快なクロスバイクとして、スタンドを取り付けて駐輪を快適に、タイヤを太いものに変え走破性、安定性を高めたり……。
自分に合ったツーリングスタイルを探してみましょう。

ツーリングを快適にするおすすめサイクルウェア

キャンプツーリングにおすすめなギア

イメージ画像

イメージ画像

クロスバイクとは


シティサイクル(一般的な自転車)より駆動性に優れ、軽快な走りを楽しめます。気軽に生活に取り込めるので、街中を散策するようなポタリングや通勤路を利用した軽い運動、河川敷のサイクリングロードや、週末を利用したツーリングなどの遊びに適しています。

こんな楽しみ方も


普段、電車や車で移動していたエリアを自転車で走ってみる。徒歩より広範囲に、電車や車よりゆっくりと走れる自転車は、いつもとは違う世界を見せてくれます。気になった場所ですぐにとまれるのも自転車の魅力です。

ツーリングから普段使いまで。おすすめのサイクルウェア&ギア

イメージ画像

イメージ画像

「輪行」とは


公共交通機関を利用して自転車を運び、目的地まで移動すること。通常ホイールを外し専用の袋に入れて持ち運びます。
旅先でサイクリングを楽しむだけでなく、行きは自転車で走り、帰りは電車を利用するなど、旅のプランの幅が広がります。

輪行のマナー


乗車駅や時間帯を考えよう


通勤などで混雑する駅や時間は避け、置き場所は車両の端や人の通りを妨げない位置にしましょう。

解体・組立は通行人の邪魔にならない場所で


駅前などで通路をふさいだり、ほかの人の邪魔にならないようにしましょう。

輪行バッグにしっかり収納


輪行には専用のバッグを使い、ハンドルやサドルが露出しないように収納しましょう。
各交通機関により規定が異なるので、事前に利用方法をご確認ください。

自転車のサイズや収納方法によって選べる軽量コンパクトな輪行バッグシリーズ

イメージ画像

サイクリングにおすすめなスポットをエリア別にピックアップ!ご当地グルメや温泉、泊りがけのツーリングにピッタリなキャンプ場などをご紹介します。

さらにモンベルクラブ提携施設「フレンドショップ」では、会員カードのご提示で、割引などの優待特典が受けられます。
特典の適用条件は施設により異なります。詳しくは各フレンドショップページをご確認ください。

北海道エリア

東北エリア

関東エリア

中部エリア

近畿・北陸エリア

中国・四国エリア

九州エリア


マウンテンバイクにおすすめな常設コース(ゲレンデ)やガイドツアー

イメージ画像

イメージ画像

自然を満喫する新しい旅のスタイル「ジャパンエコトラック」とは


トレッキング・カヌー・自転車といった人力による移動手段で、日本各地の豊かで多様な自然を体感し、地域の歴史や文化、人々との交流を楽しみながら、旅をする。そんな新しい旅のスタイルが「ジャパンエコトラック」です。

ジャパンエコトラックのルート上では、トイレ・給水の対応や空気入れ・工具の貸し出しなどを行う協力店や、駅・空港・道の駅など交通の要衝となる“ステーション”にて旅行者の快適な旅をサポートします。例えば、鳥取米子空港では空港から宿泊場所への荷物の配送サービス、更衣室や自転車メンテナンス場所の提供、さらにはレンタル自転車を用意しています。

統一されたデザインの見やすいマップも用意されており、利用者は安心して旅を楽しむことができます。エリアによっては、海外のお客さまにもご利用していただけるよう英語版・韓国語版・中国語版もご用意しています。

ジャパンエコトラック 公式サイトはこちら>>>

ジャパンエコトラック ピックアップエリア

イメージ画像

M.O.C.ツアーに参加してみよう!

イメージ画像

「やってみたいけど、一人で始めるのも不安……」という方のために、モンベル・アウトドア・チャレンジ(M.O.C.)では、さまざまなイベントを開催しています。経験豊富なインストラクターが楽しい時間を演出します。イベントを通じてお友達までできるかも?! そんな楽しいM.O.C.イベントに参加してみませんか。

M.O.C.サイクリングイベントはこちら>>

安心して自転車ツーリングを楽しむために ~傷害総合保険のご紹介~

イメージ画像

モンベルでは、お手頃な保険料で加入ができる傷害総合保険「モンベル自転車保険」の販売しております。近年高額化する自転車の賠償責任事故を主にカバーしており、ケガの補償を交通事故のみに絞っています。兵庫県や大阪府、滋賀県をはじめとする自治体では、賠償責任保険への加入義務化も進んでいます。
まだ保険に未加入の方は、ぜひモンベル自転車保険への加入をご検討ください!

詳しい保険の紹介はこちら>>

モンベルが開発した、軽量自転車シリーズ「シャイデック」

イメージ画像

モンベルが独自に開発した、日本のフィールドを快適に走る軽量自転車「シャイデック」シリーズ。その公式ブランドサイトがオープンしました!

シャイデック公式ブランドサイト
http://www.scheidegg.jp/

一覧へ