ホーム>オンラインショップ>インフォメーション>スリーピングバッグの対応温度表示が変わります。

スリーピングバッグの対応温度表示が変わります。

2014/3/24

2014年モデルより、スリーピングバッグの対応温度を「EN13537」で表示しています。

イメージ画像

「EN13537」は、スリーピングバッグの保温力表示を統一するためにEU諸国で決められた規格です。最近になってスリーピングバッグ・メーカーの多くが採用を決めています。これまでモンベルは試験による保温力データに実際のフィールドでのテスト結果を加え、独自に温度域設定を行ってきましたが、お客さまがより簡単に複数の商品を比較検討できるよう、2014年販売分より「EN13537」による表示を採用することにしました。

商品をお買い求めの際は、各商品ページの【コンフォート温度】【リミット温度】を参考にして頂き、モデルを選んでいただきますようお願い申し上げます。

※2013年までの「使用可能温度域」・「快適睡眠温度域」とは異なる基準の温度表示になりますのでご注意ください。

※スパイラル ホロウバッグ、ファミリーバッグについては、従来通りの対応温度表示です。

イメージ画像

測定方法


アンダーウェアを着用した人形にヒーターと温度センサーを取りつけて、スリーピングバッグに入れます。人工気象室内で人形の表面温度を測定することで寝袋の保温性データをとり、規定のチャートからコンフォート・リミット・エクストリームの3つの温度が決定されます。

イメージ画像

一覧へ