ホーム>オンラインショップ>インフォメーション>イザ・夏山![夏山登山装備ガイド&夏山登山イベント]

イザ・夏山![夏山登山装備ガイド&夏山登山イベント]

2012/6/27

この夏は、山の魅力がたっぷり詰まった雲上の別世界へ --


最近山登りを始めた方、登山経験豊富な方、そしてこの夏、山にチャレンジしてみたいと考えている方、あなたはどれに当てはまりますか?初心者でも上級者でも夏山に踊る心は皆同じ。それぞれの憧れを胸に、いざ、夏山へ!

今年は夏山にトライ!


夏直前、そろそろ夏休みの予定を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。これまで週末登山を楽しんでいた方にとっても、ひと味違う山登りに挑戦できる絶好のシーズンです。低山でのハイキングを始めた方であれば、一泊二日の山小屋泊にトライしてみたり、山小屋泊の経験がある方なら、今度はテント泊に挑戦してみたり。
山に滞在する時間が長ければ長いほど、また一歩一歩自分の力で向き合うほどに、その魅力を深く感じることができるはずです。

夏山の魅力


梅雨明けの声が聞こえたら、夏山シーズン到来!標高の高い山々では雪解けとともに土や緑が顔を出し、所によっては高山植物が咲きはじめます。山小屋が本格的に営業を始めると、夏山シーズンスタートです。
秋から春先までは雪や氷に閉ざされ、上級者以外は立ち入ることができなかった高山も、夏には少し優しい表情で私たちを迎えてくれます。突き抜けるような青い空、足元でかわいらしく咲く小さな花たち、そして平野部では見ることのできない雲上の景色。山上で一泊すれば、翌朝は空いっぱいに広がる朝焼けと地平線から昇って来るオレンジ色の朝日を見られるかもしれません。
自分の足で一歩一歩登った人だけが出会える景色と感動が、そこには待っています。

日帰り・山小屋泊・縦走、自分に合った夏山プランを


誰もが胸躍らせる夏山ですが、安全に楽しく登れてこそ、充実の山旅となるはず。自分の登山経験や体力、技術レベルに応じたプランを立てることが何よりも重要です。
「日帰り登山」はコースを選べば可能ですが、早朝出発して登頂し、その日のうちに下山というタイトなスケジュールになることが多いため、初心者の方は山上の山小屋で一泊して翌日下山する「山小屋泊プラン」の方が体力的に楽な場合もあります。
「縦走」は山に登った後、頂上から他の頂上へと歩を進めるプランのことで、天候に恵まれれば、夏山の醍醐味のひとつとも言える爽快な稜線歩きを楽しめます。
登山経験の少ない方は、ガイドツアーを利用したり、登山経験者にアドバイスを求めるなどして、無理のないように夏山を楽しみましょう。

イメージ画像

ウェア

夏山を安全に楽しく歩くための高機能ウェアをご紹介します。

イメージ画像

高所での強い紫外線や日差しから身を守り、汗を素早く乾かして、岩や草から肌を保護するなど、晴天時の夏山ウェアに求められる役割は多種多様。機能性素材を使用したウェアを、場面やコースに応じて着用しましょう。

《男性用・参考アイテム》
WIC.T グラフィックロゴ
WIC.ボーダーロングスリーブジップシャツ Men's
ストレッチライトパンツ Men's

《女性用・参考アイテム》
WIC.ボーダーロングスリーブジップシャツ Women's
ストレッチO.D.ラップショーツ
ライトトレールタイツ Women's

その他晴天時のおすすめウェア一覧はこちら>>>

イメージ画像

強い日差しを遮るための帽子、日除けと手の保護を兼ね備えた手袋、吸水速乾性に優れた靴下は、小物ではありますが登山ではどれも重要なアイテムです。特に靴下は汗や雨で濡れた状態が続くと靴擦れの原因になるため、速乾性のある化繊かウールを選びましょう。

《帽子・参考アイテム》
WIC.ライトハット

《手袋・参考アイテム》
トレッキンググローブ

《靴下・参考アイテム》
メリノウール トレッキングソックスWomen's
ウイックロン トレッキングソックス

その他のおすすめ一覧はこちら>>>

イメージ画像

雨の日も風の日も安全で快適に行動するための機能を極めた、全天候型クロージング。雨を凌ぐのはもちろんのこと、風が強い時のウインドブレーカーとして、寒い時の防寒用としてなど、活躍範囲の幅広いアイテムです。

《男性用・参考アイテム》
ストームクルーザー ジャケット Men's
ストームクルーザー パンツ Men's

《女性用・参考アイテム》
レインダンサー ジャケット Women's
レインダンサー パンツ Women's

その他雨天時のおすすめウェア&装備一覧はこちら>>>

イメージ画像

冷え込む朝晩やご来光待ち、天候の急変など、真夏でも山での防寒着は必携です。休憩中で十分な保温性が必要な場面ではダウンが便利。行動中には、防風・撥水性と保温性、ストレッチ性を併せ持つソフトシェルが活躍します。

《男性用・参考アイテム》
ライトシェル ジャケット Men's
U.L.ダウン コンシールジップ ジャケットMen's

《女性用・参考アイテム》
ライトシェル アウタージャケット Women's
EXライトダウンジャケット Women's

その他おすすめ防寒着一覧はこちら>>>

ギア

トレッキングシューズやバックパックなど夏山登山の必需品から、山小屋泊、テント泊で使用する装備までご紹介します。

イメージ画像

日帰り夏山登山の必需品は「バックパック」と「トレッキングシューズ」。荷物の量や歩くコースに応じて最適のアイテムを選びましょう。

《バックパック・参考アイテム》
ガレナパック 20
ガレナパック 30
ストライダーパック20
ストライダーパック25

《登山靴・参考アイテム》
GORE-TEX タイオガブーツ Men's
GORE-TEX ティトンブーツ Women's
GORE-TEX ラップランドブーツ Women's

その他おすすめ装備一覧はこちら>>>

イメージ画像

山小屋泊では「日帰り装備」+「山小屋で使う道具」が必要になります。布団などの寝具は小屋で用意してくれることが多いですが、気になる方は薄手のシーツ等を持参すると良いでしょう。

《バックパック・参考アイテム》
チャチャパック 35 Women's
チャチャパック 30

《登山靴・参考アイテム》
GORE-TEX アルパインクルーザー2300 Women's
GORE-TEX ワオナブーツ Men's

《寝具・参考アイテム》
バロウバッグ サーマルシーツ
U.L.スパイラルダウンハガー サーマルシーツ

その他おすすめ装備一覧はこちら>>>

イメージ画像

衣食住のすべてを背負って歩く「テント泊」はまさに登山の醍醐味!それぞれの装備の機能性はもちろんのこと、荷物の総重量をいかに軽く抑えるかも重要になります。

《テント・参考アイテム》
ステラリッジテント 2型

《寝袋/マット・参考アイテム》
U.L.スーパー スパイラルダウンハガー #3
U.L.コンフォートシステムパッド150

《バックパック・参考アイテム》
アルパインパック50
アルパインパック60

《登山靴・参考アイテム》
GORE-TEX アルパインクルーザー2500 Men's
GORE-TEX ツオロミーブーツ Men's

その他おすすめ装備はこちら>>>

その他

日帰り・泊まりにかかわらず、登山の基本装備として準備しておきたい道具です。

イメージ画像

日帰り登山でもヘッドランプは必需品。緊急時用のエマージェンシー装備や携帯トイレも必須のアイテムです。

《参考アイテム》
パワー ヘッドランプ
クリアボトル0.5L
アクシオMAX(アウトドア時計)
エマージェンシーシート
O.D.トイレキット セット


その他おすすめ装備はこちら>>>

イメージ画像

トレッキングポールや調理用品、野外用カトラリー(食器類)やハイドレーション装備など、より快適な登山のためのアイテムをご紹介します。

《参考アイテム》
アルパインポール
アルパインクッカー ディープ13
ステンレス サーモマグ 310
ジェットボイル PCS FLASH
アンチドートリザーバー2.0L

その他おすすめ装備はこちら>>>

ご注意ください

●この「夏山登山装備ガイド」ページは、無雪期に日帰りもしくは山小屋泊・テント泊で日本アルプスなどの高山帯を歩くことを想定して作成しています。
●登山経験に不安のある方は、登山経験者に同行する、ガイドツアーを利用するなど、経験者と一緒に行動することをおすすめします。

イメージ画像

夏山だからこそ必要な装備や、山行に向けての準備など、初心者の方から経験者の方まで皆さんに役立つノウハウをご紹介します。

イメージ画像

休憩時には必ず水分&塩分補給を

熱中症やバテに注意


夏山での注意としてはじめに上げられるのが熱中症。特に標高の高い山岳地帯では、照りつける強い日差しに注意が必要です。肌の露出を極力防ぎ、かいた汗を素早く吸水拡散させる素材のウェアを選ぶのと同時に、こまめな水分補給が重要になります。この際注意したいのが、水だけではなく必ず同時に塩分やミネラルも補給すること。スポーツドリンクや携行食で補うようにしましょう。
《参考アイテム》
アンチドートリザーバー1.5L

イメージ画像

天候の急変にも対応できる計画を


山行が近づいたら事前に天気予報をしっかりと確認することはもちろんですが、悪天候になった際に安全に避難・下山するためのエスケープルートを確認しておくことも重要です。暴風雨や雷雨を避けられる山小屋や建物をチェックしておく、コース途中でも麓へ降りられるようなルートを確認しておくなどのリスクマネジメントは、山中で思わぬ怪我や病気に見舞われた際にも役立ちます。
《参考》
山の天気予報(http://i.yamatenki.co.jp/)」
全国18山域の山頂天気予報を毎日配信している山岳気象専門サイト。月額¥315でご利用いただけます。
【モンベルクラブ会員特典】課金登録いただいた方に150ポイントプレゼント

イメージ画像

事前の体力作りと体調管理をしっかりと


待ちに待った夏山登山、できることなら目いっぱい楽しみたいと誰もが思います。それにはまず日ごろからの体力作りと、事前の体調管理が重要に。自己管理をしっかり行い準備を重ねておくことで、山行を楽しむゆとりが生まれ、思わぬトラブルにも余裕を持って対処できるようになるはずです。

イメージ画像

安全登山のハウツーを学んでおこう


山行で絶対の安全はありませんが、各自の努力で安全性を上げることは可能です。事故を予防するための歩き方や地図の読み方、ツェルトの使い方などを学んでおくと、いざという時に役立ちます。※M.O.C.の山歩き講習会(山での現地講習)でも学ぶことが可能です。
M.O.C.の山歩き講習会(現地講習)について、詳しくはこちら>>>

また、モンベルストア(※)では店内セミナー(室内講習)も開催しています。登山を楽しむための入門講座や、人気の富士山・屋久島の歩き方、女性のための登山など、ためになる企画が盛りだくさん。モンベルスタッフが生きた経験とノウハウとともに、おすすめのフィールドもご紹介!アウトドアを始めるにあたっての疑問や心配にもお応えします。参加費無料ですので、ぜひお気軽に参加ください。
※全国14の店舗で開催しています。
店内セミナー(室内講習)について詳しくはこちら>>>

イメージ画像

長期と短期で選べるモンベルの傷害保険

リスクに備える山岳保険・登山届


滑落や遭難など、山中でもしも救助が必要になった時、登山届けが提出されているかどうかで、救援捜索は大幅に変わってきます。届けが出されていればある程度の居場所が想定可能なため捜索スピードは速まりますが、届けがなければ捜索範囲が絞れないため、広大な山域をくまなく捜索することになります。また、もしもの事故にしっかりと備える保険への加入も考慮すべきでしょう。
保険について詳しくはこちら>>>


イメージ画像

M.O.C.(モンベル・アウトドア・チャレンジ、通称モック)はモンベルの野外活動部門。盛りだくさんのアウトドア・プログラムは全てスタッフの手作りです。私達と一緒に、この夏「夏山」へ出かけませんか?

イメージ画像

M.O.C.の夏山登山イベント一覧はこちら>>>
(開催地域や日程などで絞り込み検索が可能です。お近くの夏山イベントを探してみてください)

一覧へ