ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】NPO法人 てっちりこ

【フレンドマーケット】NPO法人 てっちりこ

2013/5/1

契約農家が愛情こめて育てた「姫とうがらし」を使った味噌やドレッシング

イメージ画像

日本古来品種の唐辛子でまちおこし

イメージ画像

NPO法人「てっちりこ」は、岡山県北の苫田郡鏡野町にあります。秋の紅葉をはじめ四季折々の風景が美しい奥津渓や県立森林公園、美人湯として名高い奥津温泉などがある、自然ゆたかな岡山県北部の町です。
奥津の観光や福祉の充実、環境保全など町の活性化や奥津を訪れる人々に喜んでいただくことが私たちの目標です。その活動の一環として取り組んでいるのが、日本古来品種といわれている唐辛子「姫とうがらし」を使った加工品の開発。この唐辛子は辛さが遅れて効いてくるのが特徴で、とても多くのカプサイシンを含んでいます。
契約農家が手間ひま掛けて大切に育てた唐辛子を原料に、さまざまな食品の開発に取り組んでいます。

雪が味を引き立てる「寒ざらし」

イメージ画像

秋に収穫された「姫とうがらし」を塩漬けし、大寒の頃に雪の上でさらす「寒ざらし」を行います。真っ赤な唐辛子を真っ白な雪の上に並べるこの「寒ざらし」は、鏡野町の冬の風物詩としてすっかり定着しています。雪原にさらすことで、塩抜き・アク抜きができ、さらに凍結することで外皮がやわらかくなります。そうして塩抜きができた唐辛子とコシヒカリの米麹を混ぜ合わせ、3年間の熟成醗酵期間を経て出来上がったペーストが、すべての加工品の原材料になります。このペーストに、昆布だし等の調味料を加えて液状化したものが「辛美人とうがらし醤油〈赤・青〉」です。青の方が少し辛く、香りがつよいのが特徴です。
また、田舎米味噌を1割程度混ぜ合わせたものが「辛美人とうがらし味噌ピリ辛」、3割ほど混ぜたものが「辛美人とうがらし味噌マイルド」。いずれも味わうほどに病みつきになる刺激的なおいしさです。

イメージ画像

【NPO法人 てっちりこ】
〒708-0431 岡山県苫田郡鏡野町河内60-8
tel. 0868-52-2225(平日9:00~17:00) fax. 0868-52-2226
お問い合わせはこちら

NPO法人 てっちりこの取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドタウン 鏡野町)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。
フレンドエリアについて

新着情報一覧へ