お使いのブラウザ(Internet Explorer)ではコンテンツが正常に表示されない可能性があります。
Microsoft Edgeのご使用をおすすめいたします。


ホーム>オンラインショップ>新着情報>軽量ながら高い剛性を誇る「カジタックス アイゼン」

軽量ながら高い剛性を誇る「カジタックス アイゼン」

2021/12/27

冬季の本格登山から縦走、アルパインクライミングまで幅広く対応するラインアップをご紹介

イメージ画像

軽量ながら高い剛性を誇る「カジタックス アイゼン」。独自の構造と加工方法で冬季の登山活動をサポートします。

カジタックス アイゼンの機能

イメージ画像

A 高剛性構造
アイゼン周囲全体をL字断面のリブ状に加工しています。平面的な断面構造のアイゼンに比べ、薄くてもより高い剛性を持たせることができ軽量化に寄与しています。
B ジョイントシステム
前後部を接続するジョイントバーはソールの屈曲に適度に追従するように剛性を最適化。ガタつきのない快適な歩行を実現します。
C 縦方向のグリップ力に優れる
前側部の肉厚(2.5mm)を後側部(2.2mm)より厚くすることで、進行方向へのグリップを高めています。
D 樹脂製ハーネス
つま先とかかと部分には、低温化でも硬くなりにくい樹脂製ハーネスを使用。装着が容易で、抜群のホールド感を実現します。
「LXF-12アイゼン」を除きます。
「LXB-12アイゼン」はつま先部分のみに樹脂製ハーネスを使用しています。
E 靴に合わせて選べる
ワイドモデルは、トゥハーネスをアイゼンの外側に取り付けているため、足幅の広い靴でもつま先を適切な位置に置くことができます。

独自の左右専用設計と高精度な加工

独自の左右専用設計

イメージ画像

【左右専用設計】
■前爪がまっすぐ前を向き、蹴り込みやすい
■靴の形状にフィットし、安定感に優れる
左右をそれぞれ専用設計にすることで、すべての爪が最適な位置と角度にくるよう配置でき、高い安定感と氷雪面を確実にとらえる抜群のグリップ力を実現。

イメージ画像

【一般的なデザイン】
左右で同じパーツを使用。ジョイントバーの角度により左右に対応する設計。
図① 靴のカーブにフィットさせると前爪が傾く。
図② 前爪の傾きを抑えると小指付近に隙間ができ、安定感を損なう。

高精度な加工

カジタックスアイゼンは、徹底した品質管理の下、全て国内自社工場で製造しています。

イメージ画像

イメージ画像

一枚のクロムモリブデン鋼板からの加工過程

イメージ画像

1枚のクロムモリブデン鋼板の状態から、プレスや熱処理など多くの工程を経てアイゼンに加工しています。高性能な加工機械と熟練の技で、極めて精度の高い製品に仕上げています。

冬の本格登山やアルパインクライミングに <12本爪モデル>

つま先の爪が前を向いており、急斜面に蹴り込んで登る際に有効なアイゼンです。ブーツの装着方法に合わせて、3種類のタイプをご用意しています。ご自分のブーツや用途に合わせてお選びください。

【ワンタッチタイプ】LXF-12

イメージ画像

前後を金具とレバーで固定する方式。しっかりとしたコバが出ている靴にのみ取り付け可能。強い力で固定されるため、冬山縦走やアルパインクライミングに適しています。

【セミワンタッチタイプ】 LXB-12

イメージ画像

後ろのみレバーで固定する方式。かかとにしっかりとしたコバが出ている靴にのみ取り付け可能。ワンタッチアイゼンがつかない靴にも合わせることができます。

【テープタイプ】LXT-12

イメージ画像

樹脂製ハーネスとナイロンテープで固定する方式。コバのない靴にも取り付け可能。オーバーブーツを履いた時などにも合わせることが可能です。

冬季の縦走に <10本爪モデル>

つま先に爪がある軽量なアイゼンです。小さな靴にもフィットします。

【テープタイプ】LXT-10

イメージ画像

樹脂製ハーネスとナイロンテープで固定する方式。コバのない靴にも取り付け可能。オーバーブーツを履いた時などにも合わせることができます。

モンベル・カジタックス アイゼン交換部品

フットウエアとカジタックスアイゼンのサイズ対応表

ソール(シャンク)が柔らかすぎる靴の使用はお控えください。
カジタックスアイゼンは靴の長さに合わせてアイゼン本体の長さを調節することができます。ご使用の前に必ずサイズの調節を行ってください。

ご注意

ご使用の際は、取扱説明書の「安全上の注意」をよくお読みください。
サイズや形状の合わない靴へ装着すると、アイゼンが靴から外れたり、アンチスノープレートが外れる恐れがあり危険です。必ずご使用前にお持ちの靴に装着し、サイズの調整を行ってください。

カジタックス アイゼンを着用したまま装着できるスノーシュー

イメージ画像

雪面の状況に応じて、スノーシューとアイゼンの使い分けができる、モンベル独自開発の「カジタックス スノーシュー」シリーズ。起伏に富む日本のフィールドに適しています。

カジタックスアイゼン(別売)を装着したまま着用できます。

イメージ画像

フィールドの状況に合わせて対応

イメージ画像

「カジタックス スノーシュー」と「カジタックスアイゼン」の組み合わせは、フィールドの状況に応じてどちらの仕様にも即座に対応出来ます。カジタックスアイゼン本体は別売です。
①雪の多い地形は、スノーシュー仕様で。 ②凍結した山岳地形ではアイゼン単体で。スノーシューは重ねてバックパックに固定できます。

イメージ画像

【ヒールフリー】
本体にヒールが固定されていないため、フレームが動き登り下りともに爪が雪面をがっちりと掴む。

イメージ画像

【ヒール固定(かんじき)】
フレームが干渉し雪面に爪が届かない。

その他の特徴

イメージ画像

【ブーツのみで装着】
アイゼンを装着せず、靴単体でも装着可能です。

イメージ画像

【トラバース用の爪】
進行方向に対して、平行な方向にも爪を配置することで、トラバース時にもグリップ力を発揮します。

イメージ画像

【携行時】
フレームはぴったりと重ねることができるので、持ち運びに便利です。

積雪量が多い時期に活躍

カジタックス スノーシュー 56

カジタックス アイゼンと組み合わせて使用する、浮力を高めるデッキを備えたモデルです。快適に雪原を歩行でき、積雪量が多い時期に活躍します。
2016年以前のカジタックスアイゼンには対応していません。

「ワカン」タイプの小型・軽量モデル

カジタックス スノーシュー 46

カジタックス アイゼンと組み合わせて使用する、「ワカン」タイプの小型・軽量モデルです。急登や下りにも強く、さまざまな状況が想定される冬季登山に最適です。
他社製アイゼン使用可能モデルも販売しています。
2016年以前のカジタックスアイゼンには対応していません。

カジタックスアイゼンとの対応表

表内の数字はカジタックスアイゼン本体のジョイントバーに刻印された数字です。
ご使用のアイゼンと靴のサイズによっては非対応の場合があります。
2016年以前のモデル(アイゼン)には対応しません。
カジタックス スノーシュー56は装着するアイゼンのサイズによっては、デッキ後部をカットする必要があります。

新着情報一覧へ