ホーム>オンラインショップ>新着情報>快適な登山をサポートするモンベルの大型バックパック

快適な登山をサポートするモンベルの大型バックパック

2018/4/3

テント泊縦走登山で主要な装備となる大型バックパック

イメージ画像

肩に無理をさせていませんか?

イメージ画像

水や食料、雨具、テント、寝袋など大量の荷物を持ち歩く縦走・テント泊登山では、荷物の運び方が重要なポイントとなります。
例えば、同じ重さの物を持つとき、腕を前に伸ばして体から離した状態で持つのと、抱え込むように密着させて持つのでは、後者の方が軽く感じます。これは持ち上げる物の重心と、私たちの体の重心が近くなるために起こる現象。実は登山用のバックパックにもまったく同じことが言えます。

適切なフィッティング・パッキング方法を身につけ、機能や特徴を正しく理解し、登山をさらに楽しく快適にしましょう!

イメージ画像

荷重を肩・背中・腰に分散する

イメージ画像

重いものを快適に背負うには、パックと体を正しくフィットさせる必要があります。
理想は背面パッド、ショルダーハーネス、ヒップベルトが体に隙間無く接している状態。これにより荷重は肩・腰・背中に分散され、肩への負担が軽減されるほか、上半身が動かしやすくなり、重心位置が体に近くなるので歩行時のバランスがとりやすくなります。

パッキングのセオリー「重いものは上に、軽いものは下に」


「重いものは上に、軽いものは下に」。これは昔からのパッキングのセオリーで、とても理にかなったものです。

イメージ画像

人は荷物を担ぐ際、自然と前傾姿勢になります。このとき、パックパックの下側に重い装備があると、後ろに引っ張られる形になり、余分な負荷がかかります。
逆に、重い装備を上側に配置すると荷物の重心と体の重心(骨盤の前側)が近づくので、バランスが取れて余計な力がいりません。また、荷重が背中から腰にかけて分散されて背負いやすさにもつながります。しかし、一方で極端に重心を高くすると、今度はパックが前後左右に振られがちになります。一般的には重い荷物は肩胛骨から首の付け根辺りで、体寄りに配置するのがベスト。また、森林限界を越えた岩場では、重心位置をやや低くすると、安定感が増して歩きやすくなります。

イメージ画像

何をどこに詰めるべきか? 理想的なパッキング


パッキングは感覚で行うものではなく理論があります。「重さ」と「使用頻度」に基づいた、荷物の正しい位置を把握しておきましょう。

イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像

バックパックには肩や腰、胸元などさまざまな位置にストラップがついており、これらを調節することでパックを体に密着させ、荷物の重心を体に近づけることができます。逆に言えば、どんなに高性能なパックを使っていても、適切なフィッティングを行わなければ、本来の性能が発揮できないといえるでしょう。

バックパックがジャストフィットしている状態とは、バックパネルとショルダーハーネスが体にすき間なく接している状態のことをいいます。フィールドで快適・安全に行動するためには、ご自身とバックパックの背面長が極力等しくなるモデルを選択してください。適切にフィッティングしジャストフィットを実現しましょう!

フィッティングのポイント①:背面長について

イメージ画像

背面長とは第7頚椎から腰骨最上部までの長さのこと。背面長がパックの背面の長さより短い場合、ヒップベル卜を正しい位置で締めてもショルダーハーネスが浮いてしまいます。
購入時には容量やデザインだけでなく、パックの背面長も慎重に検討し、自分の体に合ったものを選ぶといいでしょう。また、背面長が調節できるものであれば、より細かなフィッティングを行うことも可能です。

フィッティングのポイント②:ステーの調整

肩や腰のストラップをすべて調節してもフィット感がいまひとつな場合、背面にステー(フレーム)の入ったパックであれば、それを調節することで、さらにフィット感を高めることができます。パックを背負った状態で鏡で隙間をチェックしたり、家族や友人にフィット感を見てもらうといいでしょう。

イメージ画像

適切なフィッティングの為のモンベル独自の背面システム「スーパーウィッシュボーンシステム」

快適な背負い心地を実現させる独自の背面システムで、多くの機能を搭載しています。

背中の曲線に合わせてカーブを調節「3Dフィット・ステー」

イメージ画像

体の動きに追随し、常にフィットする快適な背負い心地を実現。
高い強度を備え、超軽量を実現するアルミニウム製ステーを内蔵。背中の曲線に合わせてカーブを調節できるため、抜群のフィット感を生み出します。歩行時には、ステーが上体の動きに追随し、高い安定感と快適な背負い心地を実現します(特許出願中)。

フィットしつつ蒸れにくい「エアスルー・バックパネル」

イメージ画像

フォームをブロック状に配置した「エアスルー・バックパネル」が蒸れを解消。パネルと荷室の間に入っているアルミニウム製の「3Dフィットステー」(骨組み)を背骨のカーブに沿って曲げることで背負い心地が向上します。

写真は「ファブリック・タイプ」。表面に保水しない生地を使用し、雨や雪が付着しにくくなっています。その他にも通気性の高い「ナイロンメッシュ・タイプ」、「3Dメッシュ・タイプ」があります。

スーパーフィット ショルダーハーネス

イメージ画像

内側にソフト、外側にハードタイプのフォームを内蔵しています。脇・肩・背中へと包み込むように密着することでぶれを防ぎ荷重を分散。大容量を感じさせない絶妙な荷重バランスを実現しています。スタビライザーテープでフィット感を調整できます。

ヒップベルト

イメージ画像

2ウェイヒップベルト
長さと角度の調節が可能なウエストベルトを使用しています。それぞれのポイントに応じてフォームの硬さを変えることで、腰を包み込むように密着。抜群のフィット感と装着感を実現します。

イメージ画像

アナトミカル・ヒップベルト
腰を包み込むようにカーブさせた形状で、体に密着して荷重を分散。スタビライザーテープで細やかなフィット調節が可能です。

イメージ画像

モンベルでは体格に合わせて適切なフィッティングを行なっていただくための独自の機能や、豊富なモデル・ラインアップをご用意しています。

ピックアップ! 進化を続けるモンベルの大型バックパック

イメージ画像

エクスペディションパック
長期遠征に使える大容量モデル。

イメージ画像

アルパインパック
2,3泊程度のテント山行に最適なモデル。

イメージ画像

トレッキングパック
多彩な機能を備える大型パック。

イメージ画像

リッジラインパック
トップアクセスジッパー式の軽量・高強度モデル。

モンベルでは長期遠征や縦走、テント泊登山に最適な50リットル以上の容量を持つバックパックを「大型」としています。

エクスペディションパック、アルパインパック シリーズ

イメージ画像

2018年春、「エクスペディションパック」と「アルパインパック」が、荷物が出しやすい「ロールアップシステム」と、内側から防水する「アクアバリアサック」の2つの新機能を搭載し、モデルチェンジ!

次世代のバックパックとして生まれ変わりました。

新機能1:荷物が出しやすいロールアップシステム

シンプルな操作で荷室にアクセス可能なシステムです。大容量モデルは巻き込み具合でコンプレッションも可能。構成パーツが少ないため、トラブルも起きにくい構造です。

イメージ画像

新機能2:内側から防水するアクアバリアサック

イメージ画像

これまでバックパックの防水は、外側にパックカバーを被せるのが一般的でしたが、「アクアバリアサック」はバックパックのすぐ内側で荷物を丸ごと包み込むので、防水性が非常に高く、突風などでカバーがずれたり、外れる危険性がありません。取り外し可能なのでメンテナンスも簡単です。

①小物の収納に適した内ポケット付き。
②取り出したときに持ち運びやすいハンドル

アクアバリアサックを装着したモデルは非常に高い防水性を持ちますが、水圧のかかる水中での使用には適しません。

ショルダーハーネスの高さが調節できる機能

イメージ画像

ショルダーハーネスの取付位置の高さを3段階に調節可能。簡単な操作で調節でき、体格に応じて最適なフィッティングが可能です(特許出願中)。

「エクスペディションパック」「アルパインパック」ラインアップ(女性用モデルあり)

トレッキングパック シリーズ

イメージ画像

多彩な機能を備える大型パック
独自のフレーム構造に加え、バックパネルに「クイックアジャストシステム」を搭載することで、素早いフィッティングと抜群の安定感を実現したモデルです。
2、3泊程度のテント泊山行に適した「55L」(女性用は50L)と、エクスペディションにも対応する「80L」(女性用は70L)をラインアップしています。

素早く簡単に背面長を調整「クイックアジャストシステム」

イメージ画像

バックパネルに内蔵されたテープを引っ張ることで背面長を素早く調節できます。簡単な操作で体にフィットするスタビライザーも備え、さまざまな体型の方に最適なフィッティングを実現します。

その他トレッキングパックの多彩な機能

イメージ画像

大容量ポケット
撥水機能を持ったジッパー「アクアテクトジッパー」を使用した、大容量のポケット。

イメージ画像

フロントローディングパネル
フロントには、大きく開いて荷物の出し入れがスムーズに行えるU字型ジッパーを設けています。

イメージ画像

トップリッド
本体から取り外して、サブザックとしても使用できます。

「トレッキングパック」ラインアップ(女性用モデルあり)

リッジラインパック シリーズ

イメージ画像

トップアクセスジッパー式の軽量・高強度モデル
一般的なナイロンと比べて3.6倍の引き裂き強度と、5倍の磨耗強度を持つ「バリスティックウルトラ」を使用。縫い目を減らした独自の縫製パターンとシームテープ処理によって高い防滴性と軽量性を実現したモデルです。

軽量性と防滴性を両立した独自のパターン

イメージ画像

前面を一枚の生地で構成する独自のパターン設計を採用。縫製箇所を少なくすることで、軽量化を達成するとともに、雨・雪の侵入を防ぐ防滴性を高めています。さらに主素材だけでなく、部材にいたるまで保水しにくい素材を使い、縫製箇所にはシームテープ処理を施し、より防滴性を向上させています。

ショルダーハーネスの高さが調節できる機能

イメージ画像

ショルダーハーネスの取付位置の高さを3段階に調節可能。簡単な操作で調節でき、体格に応じて最適なフィッティングが可能です(特許出願中)。
55L、75Lのみの機能です。

「リッジラインパック」ラインアップ

さまざまなシーンと用途に応えるモンベルのバックパック

大型ザック(50~100L)

イメージ画像

一覧へ

中型ザック(30~45L)

イメージ画像

一覧へ

小型ザック(5~25L)

イメージ画像

一覧へ

女性用ザック

イメージ画像

一覧へ

キャメルバック

イメージ画像

一覧へ

バックカントリー用ザック

イメージ画像

一覧へ

イメージ画像

バックパック本来の強度や機能性を維持し、快適に使用を続けるために、こまめなメンテナンスと適切な保管を行いましょう。

一覧へ