ホーム>オンラインショップ>新着情報>「ZERO POINT(ゼロポイント)」のクライミング・ギア

「ZERO POINT(ゼロポイント)」のクライミング・ギア

2017/5/26

「ゼロポイント」の商品を、エキスパートからのインプレッションとともに紹介します。

イメージ画像

モンベルのクライミングスピリットを実現するために1982年にスタートしたゼロポイント。以来、機能に徹したデザインで、一切の妥協を許さずに作られたギアは、世界中のクライマーたちから高い支持を得てきました。2015年より、新たなラインアップの開発を本格始動。これからも、先鋭的なクライミング・ギアを生み出していきます。

ボルダーマット


耐久性に優れたスポンジを使用した、タコススタイルのボルダリング用マットです。性質の異なる2種類のスポンジを重ねることで、落下時の衝撃を効果的に吸収します。接地面は耐久性と防水性に優れ、汚れが付着しにくい生地、着地面には軽量ながらも耐久性に優れる生地を使用しています。

イメージ画像

ボルダーマット
【サイズ】125×95×厚み9cm ※展開時。半分に畳んで収納します。
【重量】4.7kg
【カラー】フレッシュグリーン(FRGN) / ホットレッド(HRD)
【機能・特長】

ショルダーハーネス&ウエストベルト


バックパックの開発で培った技術を応用。立体裁断を施したパッド入りショルダーハーネスとウエストベルトを装備し、背負い心地を重視した仕様で、アプローチ時の負荷を軽減します。

イメージ画像

アルミ製調整パーツ


バックルなどの調整パーツには、軽量で強度に優れ、踏んでも破損しにくいアルミ製パーツを採用しています。

カバー


展開時には、カバーが背面部分を多い、ショルダーハーネスや背面の汚れを防ぎます。折りたたみ時には、カバーで上下を覆う構造なので、マットの間に挟んだ荷物が落ちにくい構造です。

イメージ画像

バリスティックナイロン(着地面)


着地時の安全性を考慮し、滑りにくく、耐久性に優れた生地を採用しています。

防水性の高いTPUラミネート生地(接地面)


地面に接する側には、全面に防水性・耐久性に優れる生地を採用。濡れに強く、汚れもさっと拭き取れます。公共交通機関を利用した移動にも、お使いいただきやすい仕様です。

スポンジ


性質の異なる2種類のスポンジを重ねることで、落下時の衝撃を効果的に吸収します。

ボルダリングマットの一覧はこちら>>

クライマー・橋本今史氏 レビュー

イメージ画像

さすがバックパックを数多くリリースしているゼロポイントが出したボルダーマット。雪や水の上に置いても中のスポンジは濡れることはなかった。標準的な大きさながら収納性が良い。私はクライミング道具だけでなく撮影用のクレーンや三脚なども岩場に持っていくが、カメラ以外はすべて入れることができた。物を入れすぎて重くなっても大丈夫。腰ベルトがあるので歩く際の負担を減らしてくれる。
ボルダリングマットとして肝心要の落ち心地も問題はない。日本のボルダーならほとんどカバーしてくれると思う。ハイボールの多いビショップでも活躍してくれた。
初心者からエキスパートまで幅広く使うことのできるマット。この性能でこの値段は驚き。今まで使用してきたボルダリングマットの中でも、コスト、大きさ、落ち心地、背負いやすさ、収納性の総合力を考えると確実にベストワン。

<橋本今史 プロフィール>
1984年7月17日生まれ。長野県松本市在住。ホームジムは長野県松本市にある「Edge and Sofa」。クライミングムービーメーカー「MONOLITHIC BLOCK」代表。本業は薬剤師。
昨年10月にMONOLITHIC BLOCKとして二作目となるスイスツアーを中心としたDVD「THE CROSS BORDER」をリリース。
【主な成果】
Rampagista 五段 FA 小川山 / カルム 五段 第二登 恵那笠置山 / The Dagger V14 スイスクレシャノ
Spectre V13 アメリカビショップ / ハレ 四段 瑞牆山 / パッション 四段 恵那笠置山

クライマー・笠原大輔氏 レビュー

イメージ画像

メインマットに使える丁度いいサイズです。とても軽くできており、背負い面もしっかりと作られているのでアプローチが非常に楽なのも魅力です。腰ベルトも付いているので沢山の荷物を持っていく時も安定感が有り、タコタイプでありながらコンパクトに畳めるのも嬉しいところ。もちろん荷物もはさみやすいです。
すでに10カ月程使用しており、アメリカの1カ月ツアーでも使用していましたが、いまだへたれてくる様子はありません。地面との設置面は防水素材でできていて、日本の岩場だとどうしても気になる木の根や湿った下地の時にも気兼ねなく使用できます。シンプルだけど美味しいところをしっかりとおさえているマットです。

<笠原大輔 プロフィール>
2014年に開催された第69回長崎国体において、山岳競技成年男子リード種目・優勝(3連覇)、ボルダリング種目・優勝など輝かしい実績を持つフリークライマー。
【主な成果】
RISE 4段 瑞牆山 / THE HIBIT 3段 瑞牆山 / 空洞 3段 瑞牆山 / A Maze of Death V12 アメリカビショップ
The Mandala V12 アメリカビショップ

ボルダースポットマット


メインのボルダーマットに挟んで持ち運べるサブマットです。2つに分離させることができ、2カ所のカバーが可能。やや薄めでシットスタートに最適な厚みに設定しています。性質の異なる2種類のスポンジを重ねることで、落下時の衝撃を効果的に吸収します。

イメージ画像

ボルダースポットマット
【サイズ】80×100×厚み3cm ※展開時。折り畳んで収納します。
【重量】1.39kg
【カラー】フレッシュグリーン(FRGN)

イメージ画像

【機能・特長】

バリスティックナイロン(着地面)


着地時の安全性を考慮し、滑りにくく、耐久性に優れた生地を採用しています。

防水性の高いTPUラミネート生地(接地面)


地面に接する側には、全面に防水性・耐久性に優れる生地を採用。濡れに強く、汚れもさっと拭き取れます。公共交通機関を利用した移動にも、お使いいただきやすい仕様です。

持ち運びに便利なハンドル付き



中央部分はベルクロテープで分離が可能



ボルダリングマットの一覧はこちら>>

クライマー・橋本今史氏 レビュー

イメージ画像

落ちた時のショック吸収は見た目よりも良い。セパレートもでき、大きさもちょうど良いです。

クライマー・笠原大輔氏 レビュー

イメージ画像

ゼロポイントのマットにピッタリ収まり、それ単品でもアップ程度のボルダーなら安心してこなせる程のしっかりとした落ち心地。畳んで使えばより安心だし、覆う箇所が多ければセパレートできるので非常に使いやすかった。まさに理想のサブマット。

チョークバッグ


チョークアップ時にストレスが無いように考えられたチョークバッグです。

イメージ画像

チョークバッグ S / M
【サイズ】S:幅10×高さ16cm / M:幅12×高さ18cm
【重量】S:115g / M:120g
【カラー】フレッシュグリーン(FRGN) / ガンメタル(GM) / ホットレッド(HRD) / ネイビー(NV)

立体裁断


全体に立体裁断を施して内部にゆとりを持たせた構造なので、手が引っ掛かりにくく、ストレス無くチョークアップが可能です。

ドローコードで開閉(開口部)



自立構造(チョークバッグ Mのみ)



小物の収納に便利なジッパー付きポケット



ブラシホルダー


底にブラシ受けがあるので、ブラシを安定して収納することができます。

ウエストベルト



チョークバッグの商品一覧はこちら>>

クライマー・橋本今史氏 レビュー

イメージ画像

多くの人はボルダーマットに挟んでチョークバッグなどのギアを持っていくと思うが、潰れても口の形状が戻るようになっているので、手入れの良さはいつまでも変わらない。チョークボールを入れるとパンパンになってしまうチョークバッグもあるが、Mサイズなら余裕があるので手入れが良い。防水性の高い生地なので汚れも付きにくい。

クライマー・笠原大輔氏 レビュー

イメージ画像

手の入れ口が広く形状が崩れにくいため、チョークアップの時に煩わしいことがありません。中もしっかり広く、チョークボールを握って手のひらまでチョークアップできます。ドローコードの動きもスムーズで、開閉しやすくなっています。小物を入れられるポケットも付いているので、ジム用にテーピングや紙ヤスリをしまっておくのに最適です。ブラシホルダーは、上部がゴムバンドで、下部がポケット状になっていてブラシがブラブラすることがなく、落としにくい作りです。

メガチョークバッグ


チョークアップが容易で、ボルダリングでの使用に最適な置き型チョークバッグです。防水性を備えた生地を使用し、接合部に施したウエルダー加工が水の浸入を防止し、チョークが湿気るのを防ぎます。口は折り返す仕様で、持ち運びの際にチョークが吹き出しにくくなっています。

イメージ画像

メガチョークバッグ
【サイズ】高さ13×幅20×奥行き17cm
【重量】183g
【カラー】ブラック(BK)

【機能・特長】

背面に小物用ポケット1個、ブラシホルダー2個付き。



折り畳むことができ、コンパクトに持ち運び可能。

ギアコンテナ


軽量ながらも耐久性に優れた生地を使用したギアバッグです。背負う、提げるの2通りの使い方ができ、クライミングギア類の運搬に最適です。開口部はファスナーで大きく開き、真ん中のバックル付きテープを調節することで、背負った際の荷物の揺れを防止することができます。

イメージ画像

ギアコンテナ S
【サイズ】高さ40×幅34×奥行き15cm
【容量】26L
【重量】211g

ギアコンテナ M
【サイズ】高さ44×幅37.5×奥行き16.5cm
【容量】26L
【重量】228g

ギアコンテナ L
【サイズ】高さ48×幅41×奥行き18cm
【容量】33L
【重量】247g

ギアバッグの商品一覧はこちら>>

ビレイグローブ


耐久性と操作性を両立したビレイ用グローブです。ロープで擦れやすい手のひらには、抜群の耐摩耗性を備えた山羊革を使用。フィット感に優れ、着脱が素早く行えるので、マルチピッチでもスムーズに行動できます。カラビナを通せるループ付き。

イメージ画像

ビレイグローブ
【重量】84g
【カラー】ブラック(BK)
【サイズ】XS / S / M / L / XL (男女兼用)

ビレイグローブの商品一覧はこちら>>

WIC.クライミング アンクルソックス


薄手で滑りにくく、足裏感覚に優れたクライミングシューズ用ソックスです。異形断面の糸が汗を素早く吸水拡散する、独自の高機能素材を使用。つま先かかとにはポリエステルナノファイバーを採用し、靴内での滑りを抑え、素足に近い足裏感覚を実現しています。また、甲部の滑りを良くすることで、シューズの脱ぎ履きが容易に行えます。いやな臭いを抑える優れた消臭性能も備え、快適な履き心地が持続します。

イメージ画像

WIC.クライミング アンクルソックス
【サイズ】S(22~24cm)、M(24~26cm)、L(26~28cm)
【平均重量】24g
【カラー】ブラック×レッド(BK/RD)、ブルー×オレンジ(BL/OG)

【機能・特長】

L字パターン


日本人のかかとの形状に合わせた立体デザインで優れたフィット感を実現。

アーチサポート


土踏まずを下から支え、クライミングシューズ内でのフィット感を向上。

リンキング縫製


縫い目をフラットに仕上げて、ごろつきを解消。

アンチグリース & 補強


従来繊維の数十倍に達する表面積を持つポリエステルナノファイバーが、靴内での足の滑りを抑え、優れたグリップ力を発揮します。また、補強糸を入れることで耐久性が向上しています。

L.W.ギアラック&ギアスリング


保水しにくく、乾きが早いモノフィラメントメッシュを使用した軽量ギアラックとスリングです。コンパクトにまとめることができ、バックパックへの収納が容易です。ギアラックはギアの仕分けに便利なループを装備し、スリングはギアを通すだけのシンプルな構造です。体格に応じて、長さの調節ができます。

イメージ画像

L.W.ギアラック
【重量】97g
【カラー】ライトシルバー(LTSV)

L.W.ギアスリング
【重量】86g
【カラー】ライトシルバー(LTSV)

ギアラックの商品一覧はこちら>>

ロープバッグ


ロープを持ち運ぶ際に便利なロープバッグは、バックパックとショルダー2タイプをラインアップ。

イメージ画像

ロープケア バッグ
【サイズ】高さ45×幅27×奥行き28cm
【重量】550g

底部にはメッシュを配置


底部に砂などが溜まりにくい構造です。

トップリッドにポケット付き


日帰りでのクライミングを想定し、小物やトポを収納できます。

ロープケア ショルダー
【サイズ】高さ50×幅42cm
【重量】440g

バックパックを背負っていても運びやすいショルダータイプ



【共通機能】

60mロープまで対応



アルミ製パーツ


踏んでも破損しにくいアルミ製パーツを使用。

インナーシート付属


取り外し可能なインナーシートが付属。シート端を折り返して袋状に使用すことができるので、傾斜のある場所でのビレイ時にもロープが滑り落ちるのを防ぎます。

ロープバッグの商品一覧はこちら>>

アイスクライマー・奈良誠之氏 レビュー

イメージ画像

私がロープバッグを一番必要とする場面はアイスクライミングです。できるだけロープを氷や雪に接触させたくはないからです。また、アイゼンでシートを踏んでしまうため、大きなシートの上にロープを広げるのもあまりよくないという悩みもありました。

バッグ部分とシート部分を分離可能なゼロポイントのロープケアバッグは、バッグ部分はしっかりした容量があり、その中にロープを収め、たぐり出してビレーすることも可能。分離させたシートは雪上に投げ置いているバックパックをくるむのに調度良い作りです。
マルチピッチのアイスクライミングやミックスクライミングには、時々、ロープを使う必要のないピッチが現れます。このバッグはバックパックとしてロープを運搬することができるので、そういった場面でも非常に有効です。容量の大きなポケットがついているので、行動食や飲み物を携行することもできます。シンプルなウエストバンドで余計なフレームも無いので軽量で、背負ったまま登ってもストレスがありません。基本的には地面に置いて使う道具なので、踏んでしまうことがある。踏んだ時に壊れないようにバックルはアルミ製という点も心強いです。
簡単なロープバッグではない、しっかり使えるロープバッグだと思います。

<奈良誠之 プロフィール>
1972年生まれ。北海道在住で本職は消防士。アイス、ミックスクライミングはもちろん、リバーカヤックやスキー、競泳も日々楽しむ。2014年ソチ五輪アイスクライミングのデモンストレーションに日本山岳協会の推薦を受け、日本代表として出場。アイスクライミングの世界選手権・韓国大会やロシア大会出場の実績を持つ。

L.W.アルパインヘルメット


わずか225gを実現した、登山・クライミング用の超軽量ヘルメットです。国際的な安全基準を満たし、アウターシェルとインナーシェルをインモールド成形することで、優れた軽量性を実現しました。日本人の頭部形状にフィットさせた、独自のアジアンフィットデザインで2サイズの展開です。

イメージ画像

L.W.アルパインヘルメット
【サイズ】S/M(頭囲52~57cm)、M/L(頭囲57~62cm)
【重量】225g(S/M)
【カラー】ガンメタル(GM)、オレンジ(OG)、ターコイズブルー(TQB)、ホワイト(WT)

【機能・特長】

後部に3段階に高さ調整可能なダイヤルアジャスターを装備



バッテリーが後ろにあるタイプのヘッドランプも取り付けできる4クリップ仕様。



ヘルメットの商品一覧はこちら>>

ジオライン クールメッシュ インナーキャップ


夏場のアルパインクライミングの汗どめに最適な、ヘルメットの下に着用するインナーキャップです。背面の垂れが強い日差しから首筋を保護します。単体でもキャップとして使用できます。高機能素材ジオライン®をメッシュ地に編み上げ、優れた通気性と吸水拡散性を備えています。

イメージ画像

ジオライン クールメッシュ インナーキャップ
【素材】ジオライン®[ポリエステル100%]
【カラー】ブラック(BK)
【サイズ】S(54~56cm)、M(56~58cm)、L(58~60cm)

ハーネス


手のひらサイズに収納できる超軽量コンパクトなハーネス。アルパインクライミングやバックカントリースキーに最適な「L.W.シットハーネス(写真上)」と、保水しにくい素材を使用したシャワークライミング向けモデル「サワークライム シットハーネス(写真下)」をラインアップ。

イメージ画像

L.W.シットハーネス
【重量】200g スタッフバッグは含みません

サワークライム シットハーネス
【重量】220g スタッフバッグは含みません
ほとんど保水せず、乾きやすいモノフィラメントメッシュを使用。

【共通機能】

超軽量コンパクト


付属のスタッフバッグに収納すれば、手のひらサイズに収まるので、持ち運びにとても便利です。

前側2カ所のクイックリリースバックル


アイゼンやスキー、ウエイディングブーツを履いた状態でも着脱が容易です。

【安全基準】ヨーロッパ規格(EN 12277)


本製品はタイプCハーネスに分類され、ヨーロッパ規格(EN12277)登山用ハーネスの安全基準と試験方法に適合しています。

ハーネスの商品一覧はこちら>>

15mm ナイロンスリング 60・120・150・240・ロール


優れた強度を備えるバリスティック®ナイロンを使用した15mm幅のスリングです。サイズによって色を変えているため、瞬時に長さを認識できます。

イメージ画像

15mm ナイロンスリング 60
【重量】45g
【カラー】ダークマラード(DKMA)
【サイズ】15mm×60cm
【最小破断強度】22kN

15mm ナイロンスリング 120
【重量】90g
【カラー】サンライズレッド(SURD)
【サイズ】15mm×120cm
【最小破断強度】22kN

15mm ナイロンスリング 150
【重量】115g
【カラー】リーフグリーン(LEGN)
【サイズ】15mm×150cm
【最小破断強度】22kN

15mm ナイロンスリング 240
【重量】170g
【カラー】マスタード(MST)
【サイズ】15mm×240cm
【最小破断強度】22kN

15mm ナイロンスリング ロール
【重量】36g/m ※50m巻きです。※1m単位での販売です。
【カラー】ダークマラード(DKMA)
【サイズ】15mm
【最小破断強度】22kN

スリングの商品一覧はこちら>>

一覧へ