ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】いなほ総合農園

【フレンドマーケット】いなほ総合農園

2014/10/1

食育コラボや商品開発。農業の可能性は無限大!

イメージ画像

豊かな自然が育む「水清米」

イメージ画像

ブナやミズナラの原生林が広がる山々からこんこんと湧き出る清流が育んだ豊饒な大地。栃木県塩谷郡塩谷町は、日本名水百選で名高い尚仁沢湧水系の一級河川「荒川」と、日光山系から流れ出る大河「鬼怒川」に囲まれ、古くから稲作が行われてきた農業地帯です。日光連山から吹き降ろしてくる澄んだ空気がいもち病を防ぎ、秋には見渡す限りの水田が黄金色に染まります。豊かな自然に恵まれたこの地で、米作りをされています。
塩谷町の水と、土と、空気という恵まれた環境を活かし、堆肥や米ぬかを混合した特別な有機質肥料と手間のかかる減農薬栽培で育てた、こだわりのお米は「まじりっけのない清らかな味」と一般消費者だけでなく、同業者からも評判です。「水清米(すいせいまい)」と名付けられたお米には、たくさんのお客様がリピーターとなっています。
いなほ総合農園では農家の方が食べているものをそのままお届けし、皆さまに喜んでもらえるようできる限りのサービスを心がけられています。

イメージ画像

平成16年4月 結婚を機に就農・事務処理・加工品を担当
平成22年10月 栃木県主催 とちぎ農業ビジネススクールに参加
平成24年 農山漁村男女共同参画優良活動表彰、農林水産副大臣賞受賞 
平成26年1月 農業女子プロジェクトに参加
平成26年9月 現在 加工所の責任者として商品開発をしながら農業女子プロジェクトの企業コラボに参加

「いなほ総合農園」こだわりのポイント

イメージ画像

【米】
○牛糞を主とし、もみ殻、米ぬかにおからや海苔を混ぜた自家製の堆肥を使用
○田んぼの水は環境省認定日本の名水100選に選ばれた尚仁沢湧水と鬼怒川水系の清流を使用
○収量よりも食味にこだわって登熟歩合を上げ、倒状・発芽をしないよう適期での刈り取り
○農薬は慣行栽培の1/3~1/5しか使用しない
○水分量は14.5%~15%になるようにし、うまみ成分であるたんぱく質が固まらないよう45℃の低温乾燥
○籾(もみ)の状態で冷蔵保存し、注文が入ってから籾摺り精米を行う
○2段階精米によって精米穀温を25℃以下に保ち、食味を下げない
○貯蔵の温度を一定にして光を当てない(酸化を防ぐため)

イメージ画像

【うどん(乾麺)】
○米と同じく減農薬・自家製堆肥を使用して生産した小麦を100%使用
○小麦・塩・水のみで作られているため小麦本来の味が味わえる

【いなほ総合農園】
〒329-2334 栃木県塩谷郡塩谷町大久保481
tel. 0287-46-0227 fax. 0287-46-0370
お問い合わせはこちら

いなほ総合農園の取扱商品

農業女子PJ

イメージ画像

【農業女子メンバー 古沢昌子さん】
結婚・出産を機に就農。父の経営する「いなほ総合農園」の加工部門を担当し、県内の農援団活動や農業体験の受け入れなど、生産販売・加工・地域活動までトータルに農業に取り組んでいます。今後は食育に関するコラボ(コンビニのお弁当やスーパーのお惣菜の企画開発等)や農作業がしやすくなる商品の開発などに取り組んでいきたいです。

「農業女子プロジェクト」オフィシャルページ

新着情報一覧へ