GORE-TEX® ゴアテックス®ファブリクス

1平方センチメートルに約14億個もの微細な孔(0.2ミクロン)を持つ、世界最高水準の防水透湿性素材(耐水圧50,000㎜以上、透湿性25,000〜98,000g/㎡・24hrs JIS L-1099B-1法・参考値)(※1)です。洗濯20回後もその性能をキープします。また、超耐久撥水性(洗濯20回以上)も実現しています。
一般的に表地や裏地を貼り合わせて使われ、表裏両面に生地を貼り合わせた3層構造のものを「ゴアテックス® ファブリクス3レイヤー(図1)」、表面だけに生地を貼り合わせた2層構造のもの(※2)を「ゴアテックス® ファブリクス2レイヤー(図2)」と呼びます。さらにモンベルでは、ゴアテックス® メンブレンの裏地に、軽量性と耐久性を両立した、極めて薄いニット素材を使用した3レイヤー地「GORE® C-ニット™バッカーテクノロジー」や超軽量・極薄素材を貼り合わせることで、軽量性と耐久性を高次元で両立させた3レイヤー地「Goreマイクログリッドバッカーテクノロジー」、裏側に摩耗性に優れた特殊な微粒子を固着させることで、他の生地を用いてメンブレンを保護する方法に比べて大幅に軽量・コンパクト化を実現させた「パックライト® プロダクト テクノロジー(図3)」、メンブレンを外側に配置し、保水しにくく、極めて高い透湿性を実現した「ゴアテックス® シェイクドライ(図4)」をラインアップに取り入れています。
※1 同じ防水透湿性素材でも、表地と裏地の組み合わせにより耐水圧・透湿性の性能が異なります。
※2 モンベル・クロージングで2レイヤーを用いる場合は、メッシュやタフタの裏地を付けてゴアテックス®メンブレンがむき出しにならないように配慮しています。

イメージ画像

一部の製品は、高強度素材と高い透湿性を持つメンブレンを組み合わせることで、日本ゴア株式会社の「GORE-TEX®PROプロダクト(図5)」の認証を受けています。

イメージ画像
モンベルでは、ウエアの目的に応じてゴアテックス® ファブリクスを使い分けています。それらすべてのウエアは、日本ゴア株式会社の厳しい防水テストをクリアしています。

GORE-TEX®、ゴアテックス®、GORE®、C-ニット™、パックライト®は、日本ゴア株式会社の商標です。

ゴアテックス製のレインウエアへ