新洗濯表示の見方(2016年12月より)

洗濯処理

イメージ画像

液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯処理ができる

イメージ画像

液温は40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる。

イメージ画像

液温は40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる

イメージ画像

液温は30℃を限度とし、洗濯機で洗濯処理ができる

イメージ画像

液温は30℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる

イメージ画像

液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる

イメージ画像

液温は40℃を限度とし、手洗いができる

漂白処理

イメージ画像

酸素系漂白材の使用はできるが、塩素系漂白剤は使用禁止

イメージ画像

塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止

タンブル乾燥

イメージ画像

低い温度でのタンブル乾燥処理ができる(排気温度上限60℃)

イメージ画像

タンブル乾燥禁止

自然乾燥

イメージ画像

つり干しがよい

イメージ画像

日陰のつり干しがよい

イメージ画像

平干しがよい

イメージ画像

日陰の平干しがよい

アイロン仕上げ

イメージ画像

底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができる

イメージ画像

底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げができる

イメージ画像

アイロン仕上げ禁止

ドライクリーニング

イメージ画像

石油系溶剤によるドライクリーニングができる

イメージ画像

石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる

イメージ画像

ドライクリーニング禁止

ウェットクリーニング(※)

イメージ画像

ウェットクリーニングができる

イメージ画像

弱い操作によるウェットクリーニングができる

※ウェットクリーニングとは、クリーニング店が特殊な技術で行うプロの水洗いと仕上げまで含む洗濯です。

旧洗濯表示の見方

洗濯機について

イメージ画像

95度以下の液温で、洗濯機で洗えます。

イメージ画像

60度以下の液温で、洗濯機で洗えます。

イメージ画像

40度以下の液温で、洗濯機で洗えます。

イメージ画像

40度以下の液温で、洗濯機で洗えます。
弱水流で洗って下さい。

イメージ画像

30度以下の液温で、洗濯機で洗えます。
弱水流で洗って下さい。

手洗いについて

イメージ画像

30度以下の液温で、手でやさしく洗って下さい。
洗濯機は使用できません。

イメージ画像

水洗いは出来ません。
洗濯機、手洗いとも出来ません。

漂白剤について

イメージ画像

塩素系漂白剤が使用出来ます。

イメージ画像

塩素系漂白剤が使用できません。

アイロンについて

イメージ画像

アイロンは210℃を限界として、180℃~210℃で掛けてください。

イメージ画像

アイロンは160℃を限界として、140℃~160℃で掛けてください。

イメージ画像

アイロンは120℃を限界として、80℃~120℃で掛けてください。

イメージ画像

アイロン掛けは出来ません。
アイロンを掛けると、形態変化が起きます。

イメージ画像

アイロンは210℃を限界として、180℃~210℃で掛けてください。当て布を使用して下さい。

イメージ画像

アイロンは160℃を限界として、140℃~160℃で掛けてください。当て布を使用して下さい。

イメージ画像

アイロンは120℃を限界として、80℃~120℃で掛けてください。当て布を使用して下さい。

ドライクリーニングについて

イメージ画像

ドライクリーニングが出来ます。
溶剤はパームロロエチレンまたは石油系のものを使用して下さい。

イメージ画像

ドライクリーニングが出来ます。
溶剤は石油系のものを使用して下さい。

イメージ画像

ドライクリーニングは出来ません。

絞り方について

イメージ画像

手絞りの場合は弱く、タオルの間に挟んで軽く脱水して下さい。遠心脱水機の場合は、形を整えて短時間(30秒)で脱水して下さい。

イメージ画像

絞ってはいけません。

干し方について

イメージ画像

吊り干しして下さい。

イメージ画像

風通しのよい日陰で、吊り干しして下さい。

イメージ画像

平干しして下さい。

イメージ画像

風通しのよい日陰で、平干しして下さい。