ホーム>オンラインショップ>インフォメーション>秋からはじめよう! サイクリング小旅行

秋からはじめよう! サイクリング小旅行

2016/10/20

自転車ツーリングのノウハウや、おすすめのサイクリングスポットなどをチェックして、新たな発見の旅へとこぎ出そう!

夏の暑さが和らぎ、涼しい風が心地よい秋はサイクリングにぴったりな季節。街中を走っても心地よく、山あいに入れば紅葉を楽しむこともできます。自転車小旅行はこの秋、何かスポーツをしたいという方にもピッタリなアクティビティです。
秋のツーリングプランの立て方や、ライディングを快適にするウェアやギア、ツーリングの寄り道にオススメなスポットやイベントをご紹介します。

秋のツーリングに出かけよう!

イメージ画像

どのくらいのコースからはじめるか


1日で走行できる距離は体力や自転車の種類、コース、天候などによって大きく変わります。
ロードバイクやクロスバイクで平坦な道のりを走るとすると、信号などで停車することも考慮しおよそ平均時速15~20km程度。
どれくらいの時間自転車に乗れるか、休憩はどのくらい取るかを考えてみると、一日で走れる距離がわかります。

イメージ画像

自分だけのコースを見つけよう


ツーリングの醍醐味は目的地までの道のりも「旅」であり楽しめること。行き先が決まったら、周辺の観光スポットや地元で人気のお店、汗を流せる温泉など、行きたいところをリストアップ。インターネットの地図検索機能を利用しルートを結べば、簡単にコースマップが作成できます。
無理なく走れる距離と照らし合わせ、目的地や寄り道ポイントを探してみるとよいでしょう。

イメージ画像

秋のツーリングは、ここに注意


しっかりとした防寒対策を!


日中は半袖でも汗ばむ気温でも、日が沈むと急激に冷え込む季節です。防寒対策は念入りに行いましょう。

日暮れが早いので必ず前後ライトを携帯!


夏に比べ、夕方になるとあっという間に暗くなってしまいます。計画では日暮れ前までの予定でも、自転車ツーリングにトラブルはつきもの。必ずライトを携帯しましょう。

イメージ画像

イメージ画像

寒い時期であっても自転車に乗れば体は暖まり、汗をかくもの。
汗冷えを防ぐために速乾性に優れたアンダーウェアと適度な通気性と保温性を持たせたサイクルジャージを組み合わせることで快適にツーリングができます。
また、下り坂や朝晩の冷え込みには防風性や保温性に優れたアウターウェアを着用すれば安心です。

おすすめ アンダーウェア

速乾性に優れたジオラインアンダーウェアはもちろん、観光・散策など発汗量が比較的少ないサイクリングなら吸湿発熱し肌触りも良いウール素材もおすすめ。

おすすめ サイクルシャツ・ジャージ

登山用のウェアでももちろん代用できますが、ウール素材に速乾性をプラスしたジャージや背面ポケット付きなどサイクリングに特化した高機能なウェアはライディングをより快適にします。

おすすめ アウターウェア

自転車用のアウターに共通するのは体にしっかりフィットしばたつかず、防風性と通気性のバランスが優れてる点。コンパクトな薄手のウインドシェルから裏地に起毛素材を使用した厚手のアウタージャケットまで幅広くラインナップ。使用シーンに合わせて選びましょう。

おすすめ パンツ

タイツはインナーパッドがついており快適。輪行や観光メインのサイクリングならショートパンツやスカートとの組み合わせもおすすめ。

イメージ画像

秋は日中暖かく半袖でも走れる陽気であっても、標高の高い峠や日暮れが近づくと急激に気温が下がる季節。寒暖差の激しい日にはアームウォーマーやフットウォーマーなどを携行するのがおすすめ。体の末端を防寒するだけでも、格段に快適になります。

レインウェアはウィンドシェルとしても使え一石二鳥!

雨でも快適にライディングができるよう設計されたレインウェアであれば、防風性も備えているためウィンドシェルとしても活用できます。

イメージ画像

イメージ画像

「輪行」を利用して旅の幅をもっと広げよう


輪行とは公共交通機関を利用して自転車を運び、目的地まで移動すること。通常ホイールを外し専用の袋に入れて持ち運びます。
旅先でサイクリングを楽しむだけでなく、行きは自転車で走り、帰りは電車を利用するなど、旅のプランの幅が大きく広がります。

輪行のマナー


乗車駅や時間を考えよう


通勤などで混雑する時間は避け、置き場所は車両の端や人の通りを妨げない位置にしましょう。

解体・組立は人の邪魔にならない場所で


駅前などで通路をふさいだりほかの人の邪魔にならないようにしましょう。

輪行バッグにしっかり収納


輪行には専用のバッグを使い、ハンドルやサドルが露出しないように収納しましょう。
各交通機関により規定が異なるので、事前に利用方法をご確認ください。

イメージ画像

秋のサイクリングにおすすめなスポットをエリア別にピックアップ!ご当地グルメや温泉はもちろん、手ぶらで楽しめるツアーやレンタルサイクルが利用できる施設までご紹介!

さらにモンベルクラブ提携施設「フレンドショップ」では、会員カードのご提示で、割引などの優待特典が受けられます。
特典の適用条件は施設により異なります。詳しくは各フレンドショップページをご確認ください。

関東エリア

中部エリア

近畿エリア

四国・中国エリア

九州エリア

イメージ画像

イメージ画像

本格的なロードバイクやクロスバイクは持っていないという方におすすめなのが、モンベルのスポーツサイクル・レンタルサービス。
手ぶらの方でも楽しむことができます。モンベルストアで自転車をレンタルして、周辺を散策してみませんか。

レンタルサイクルが利用可能な店舗はこちら>>

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

「やってみたいけど、一人で始めるのも不安…」という方のために、モンベル・アウトドア・チャレンジ(M.O.C.)では、さまざまなイベントを開催しています。経験豊富なインストラクターが楽しい時間を演出します。イベントを通じてお友達までできるかも?! そんな楽しいM.O.C.イベントに参加してみませんか。

◆M.O.C.サイクリングイベントはこちら>>

安心して自転車ツーリングを楽しむために ~傷害総合保険のご紹介~

イメージ画像

モンベルでは、みなさんに安心してアウトドアを楽しんでいただくために選べる3タイプの傷害保険をご用意しております。傷害総合保険は保険開始日の15日前から前日まで、国内旅行傷害保険は保険開始日の30日前から当日(ご出発前)までお申込みいただけます。(お支払いはクレジットカード<DC・VISA・MASTER・SAISON>のみとなります)。
モンベルクラブ会員の方は、各種モンベル商品(ベルカディア商品含む)購入時と同様に100円につき3ポイントのメンバーズポイントを付与します。

詳しい保険の紹介はこちら>>

自転車の試乗会を開催!

イメージ画像

これからスポーツバイクをはじめようと考えている方、購入前のサイズ等で悩んでいる方必見! モンベルがプロデュースするブランド「シャイデック」をはじめ、各ブランドのスポーツバイクを実際に体感できる、サイクル試乗会を開催します!

詳しくはこちら>>>

イメージ画像

モンベルがプロデュースする自転車ブランド「シャイデック」


ツーリングやヒルクライム、里山ライドなど楽しみ方いろいろ! スポーツバイクの魅力をご紹介。

詳しくはこちら>>>

一覧へ