ホーム>オンラインショップ>インフォメーション>日本の雪山に挑む モンベル・カジタックス アイゼン&ピッケル

日本の雪山に挑む モンベル・カジタックス アイゼン&ピッケル

2014/11/14

クラス最軽量と高い剛性を誇る、研ぎ澄まされた逸品。

長年にわたり、多くのアルピニストに愛用されてきた『カジタックス』
そのスピリットを継承したモンベルが新たにお届けするのは、ラインアップも充実し、さらに進化した”カジタックス・アイゼン”と縦走用の軽量ピッケルです。
よりシンプルに、より快適に。磨き抜かれたクラフトマンシップが生んだ研ぎ澄まされた逸品をどうぞ。


クラス最軽量を実現する、アイゼンシリーズ

わずか2.2mmという薄手の鋼材と、カジタックスの独自のテクノロジー「高剛性構造」の採用により、強度を低下させることなくクラス最軽量を達成。
つま先と踵部分に樹脂製ハーネスを採用し、フィット感とホールド感を向上。さらに、着脱がより簡単になり、つま先の細い靴にも対応します。また、すべてのモデルにワイドタイプをラインアップし、幅広の靴でも機能を如何なく発揮します。

イメージ画像


イメージ画像

LXF-12 アイゼン (ナロウタイプ
冬季の縦走からアルパインクライミングまで、幅広く対応する12本爪のワンタッチアイゼンです。つま先部分を固定するトゥベイルと、かかと部分のアジャスター付きバインディングにより、スピーディーな着脱と抜群の安定性を実現しています。

【重量】880g(ペア)

イメージ画像

LXB-12 アイゼン (ワイドタイプ
冬期の縦走からアルパインクライミングまで、幅広く対応する12本爪のアイゼンです。かかと部分に搭載したアジャスター付きバインディングにより、スピーディーな着脱を可能にしています。

【重量】875g(ペア)

イメージ画像

LXT-12 アイゼン (ワイドタイプ
冬期の縦走からアルパインクライミングまで、幅広く対応する12本爪のアイゼンです。

【重量】766g(ペア)

イメージ画像

LXT-C10 アイゼン (ワイドタイプ
冬期の縦走に最適な、10本爪の軽量なアイゼン。サイズの小さな登山靴にもフィットするようデザインされています。

【重量】678g(ペア)

イメージ画像

LXT-8 アイゼン (ワイドタイプ
積雪期のトレッキングから冬期の縦走まで対応する8本爪のアイゼンです。ジョイントバーの根元部分が可動するため、トレッキングシューズのようにソールの柔らかな靴の動きにも追従します。

【重量】647g(ペア)

サイズ対応については、こちらをご覧ください。


アイゼンを着用したまま、着脱できるスノーシュー

カジタックス・アイゼンを装着した状態で容易に着脱できるスノーシュー。起伏が大きく、雪原や凍りついた稜線など、変化に富んだ日本のフィールドに最適です。

イメージ画像

ライトアルパインスノーポン
「ワカン」タイプの小型・軽量モデル。急登や下りに強く、さまざまな状況がミックスした冬季登山に最適です。

【対応アイゼン】LXF-12、LXB-12、LXT-12、LXT-C10(各ワイドモデル、ナロウモデル含む)
【重量】1.15kg(ペア)

イメージ画像

アルパイン スノーポン
浮力を高めるデッキを備えたモデル。快適に雪原を歩行でき、積雪量が多い時期に活躍します。

【対応アイゼン】LXF-12、LXB-12、LXT-12、LXT-C10(各ワイドモデル、ナロウモデル含む)
【重量】1.38kg(ペア)


縦走用軽量ピッケル、グレーシャー

イメージ画像

グレイシャー
積雪期の縦走などで活躍する、ベーシックなデザインのピッケルです。ヘッドとスピッツェ部分には強靭なクロムモリブデン鋼を、シャフト部分には軽量で高い強度を備えるアルミニウム合金を採用。大変軽量で高い耐久性を備えながらもお求めやすい価格を実現しています。豊富なサイズラインアップ(5サイズ・5㎝刻み)の中からお選びいただけます。

【重量】394g(55cm)、422g(65cm)ほか

新生・山岳雑誌『岳人』の発刊を記念したストレートシャフトのアイスバイル




カジタックスの歴史

1965年、愛知県春日井市に「梶田製作所」として創業。
名古屋の登山用品店の製造部門でアイゼンを製造していた梶田民雄氏が、店の閉鎖に伴い事業を継続したのが始まりでした。
当時製造していた「タニアイゼン」(1961年発売)は全国展開され、1970年代にかけて生産が間に合わないほどのベストセラーに。以後も、世界の常識を覆すような画期的なアイゼン、ピッケル、アイスバイルなどを次々と世に送り出しました。
梶田氏のクライマーとしての経験と知恵を活かしたモノ作りは、多くの登山家から信頼を集め、高価な外国製品が大部分を占めたアルパイン・クライミングギアの市場で、国内メーカーとして不動の地位を築きました。

対談:梶田民雄 × 辰野 勇

一覧へ