ホーム>モンベルクラブ>新着情報>【フレンドマーケット】スモークハウスファイン

【フレンドマーケット】スモークハウスファイン

2015/9/17

地元山形県産・国産素材にこだわり、手間ひまかけて作った無添加ハム・ソーセージ

イメージ画像

本場ドイツが認めた、世界に通用する味!

イメージ画像

山形県まほろばの里・高畠町で、無添加手づくりのハム・ソーセージを販売されているスモークハウスファイン。「良い素材を使い、余計なものは入れず、素材の良さを最大限に引き出す」ことを大切にされています。

一番のこだわりである豚肉は、地元・山形県産の新鮮なものを100%使用し、美味しい食感を引き出すため、職人によってひとつひとつ丁寧に処理が施されています。香辛料は本場ドイツでファイン専用に配合されたオリジナルを用い、ミネラル豊富な沖縄の海水塩と精製されていないやさしい甘さの甘蔗分蜜糖(かんしゃぶんみつとう)のみで味付けされています。そして、生地の成型は塩の力のみで結着。これは、鮮度の良い豚肉でなければできないことです。

イメージ画像

こだわりが詰まったファインの無添加ハム・ソーセージは、本場ドイツの国際食肉コンテストにおいて、金賞を受賞。2013年には優秀生産賞も受賞しています。伝統あるコンテストでの数々の受賞は、ファインの商品が世界に通用する美味しさであることを証明しています。

「安心・安全で、本当に美味しいものを届けたい」という思い

イメージ画像

一般的に肉は、水分が少ない方が味が詰まっていて美味しいといわれます。しかし、市場に出回っているベーコンの多くは調味液に漬け込んで作られているため、肉の余分な水分を抜き切ることができず、肝心な肉の味を殺してしまう原因になっています。

スモークハウスファインのベーコンは、良質の豚バラ肉1枚1枚に、丹念に塩と香辛料をすり込む、乾塩法という製法を用いて漬け込まれています。2週間かけて余分な水分を抜き、じっくりとスモークさせたベーコンは、肉の味が凝縮した深みのある味になります。一般的な製法の何倍も手間がかかり、技術も必要ですが、「生産性を重視するのではなく、本当に美味しいを食べてほしい」と、ファインではこの製法を守り続けているのです。

イメージ画像

ハム・ソーセージも、地元産・国産の素材にとことんこだわり、保存料・着色料・結着剤などの化学合成調味料は一切使用せずに作られています。無添加のため、ソーセージは加熱しすぎると割れてしまうほどのやわらかさ。ジューシーでクセがなく、何度食べても飽きない味わいです。

「どれも大量生産はできませんが、食べてくださる方の笑顔を思い浮かべ、美味しさにこだわった無添加商品を作り続けています。」と語るファインの皆さんの笑顔には、熱い思いが溢れています。できたて・こだわりの美味しさを、是非ご家庭でお楽しみください。

【スモークハウスファイン】
〒999-2174 山形県東置賜郡高畠町福沢21-9
tel. 0238-57-4353 fax. 0238-57-4362
お問い合わせはこちら

スモークハウスファインの取扱商品

生産地のご紹介

イメージ画像

モンベルの提携エリア(フレンドエリア 月山・朝日・飯豊・蔵王)で生産しています。

町・島・村など地域ぐるみでモンベルクラブ会員さまのアウトドアライフをサポートする、モンベルおすすめのフィールドが「フレンドエリア」です。
フレンドエリアについて

一覧へ